コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボタンボウフウ

3件 の用語解説(ボタンボウフウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボタンボウフウ

セリ科の多年草。関東〜沖縄,東アジアの海岸にはえる。高さ80cm内外。葉はボタンに似,2回羽状複葉,小葉は緑白色で厚い。夏,枝先に複散形花序を出し,多数の白色の小花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボタンボウフウ【Peucedanum japonicum Thunb.】

海岸に生えるセリ科の多年草(イラスト)。全体は緑白色。茎は高さ60~100cm,分枝して先の方には少し短毛がある。葉は1~3回3出羽状複葉で,羽片は3裂し,裂片は倒卵形で質が厚い。7~9月ころ,枝の先の複散形花序に白い5弁の花を多数つける。果実は楕円形で長さ4~6mm,背面に細い肋があり,熟すと2分果に分かれ,まわりに翼がある。本州(関東以西),四国,九州,琉球,朝鮮,中国,フィリピンに分布する。若葉を食用とし,根を薬用とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボタンボウフウ
ぼたんぼうふう / 牡丹防風
[学]Peucedanum japonicum Thunb.

セリ科の多年草。若葉を摘んで食べるので、ショクヨウボウフウ(食用防風)ともいう。根は太い。茎は高さ0.6~1メートル。葉は2回3出複葉で、質は厚く、青みを帯びた緑白色で、名のとおり、ボタン(ボタン科)の葉に似ている。7~9月、散形花序をつくり、白色花を開く。果実は毛があり、楕円(だえん)形で長さ約5ミリメートル、狭い翼がある。海岸の砂地に生え、千葉県、石川県以西の本州から沖縄、および朝鮮半島、中国、フィリピンに分布する。世界に120種、日本に3種分布するカワラボウフウ属の1種である。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボタンボウフウの関連キーワード伊吹防風岩垂草牡丹防風山芹軍配昼顔沢芹壺草野竹早生尾花

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボタンボウフウの関連情報