コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボタンボウフウ

百科事典マイペディアの解説

ボタンボウフウ

セリ科の多年草。関東〜沖縄,東アジアの海岸にはえる。高さ80cm内外。葉はボタンに似,2回羽状複葉,小葉は緑白色で厚い。夏,枝先に複散形花序を出し,多数の白色の小花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボタンボウフウ【Peucedanum japonicum Thunb.】

海岸に生えるセリ科の多年草(イラスト)。全体は緑白色。茎は高さ60~100cm,分枝して先の方には少し短毛がある。葉は1~3回3出羽状複葉で,羽片は3裂し,裂片は倒卵形で質が厚い。7~9月ころ,枝の先の複散形花序に白い5弁の花を多数つける。果実は楕円形で長さ4~6mm,背面に細い肋があり,熟すと2分果に分かれ,まわりに翼がある。本州(関東以西),四国,九州,琉球,朝鮮,中国,フィリピンに分布する。若葉食用とし,根を薬用とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボタンボウフウ
ぼたんぼうふう / 牡丹防風
[学]Peucedanum japonicum Thunb.

セリ科の多年草。若葉を摘んで食べるので、ショクヨウボウフウ(食用防風)ともいう。根は太い。茎は高さ0.6~1メートル。葉は2回3出複葉で、質は厚く、青みを帯びた緑白色で、名のとおり、ボタン(ボタン科)の葉に似ている。7~9月、散形花序をつくり、白色花を開く。果実は毛があり、楕円(だえん)形で長さ約5ミリメートル、狭い翼がある。海岸の砂地に生え、千葉県、石川県以西の本州から沖縄、および朝鮮半島、中国、フィリピンに分布する。世界に120種、日本に3種分布するカワラボウフウ属の1種である。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボタンボウフウの関連キーワード賀茂十一野菜御赦免人参五島防風平野人参牡丹人参サクナ木防風