コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボログダ ボログダ Vologda

4件 の用語解説(ボログダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボログダ
ボログダ
Vologda

ロシア北西部,ボログダ州の州都。モスクワの北北東約 400km,スホナ川支流ボログダ川にのぞむ河港都市。通商の要地としてノブゴロドの商人によりつくられたロシアの古都で,1147年から記録に現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボログダ

ロシア北西部の都市で,同名州の州都。ボログダ川の河港都市。造船,麻製品,木材加工などの工業が行われる。12世紀に創設。16―18世紀の建築遺物が残っている。モスクワ,サンクト・ペテルブルク,キーロフを結ぶ鉄道の要地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボログダ【Vologda】

ロシア連邦北西部の同名州の州都。サンクト・ペテルブルグの東550km,ボログダ川に臨む。人口29万2000(1992)。12世紀にはじまり,14世紀末までノブゴロド公国の支配下にあった。ペテルブルグが建設されるまでの15~17世紀は交易の中心地であった。モスクワ,サンクト・ペテルブルグ,アルハンゲリスク,キーロフを結ぶ鉄道の要衝で,林業,酪農,造船,金属加工,機械,家具,皮革,食品工業が盛んであり,1971年に最新設備のベアリング工場ができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボログダ
ぼろぐだ
Вологда Vologda

ロシア連邦北西部、ボログダ州の州都で工業都市。人口30万4300(1999)。ロシアの古都の一つで、12世紀の記録に現れ、16~17世紀には交易、手工業の中心地として繁栄した。ロシア革命(1917)後は工業が発展し、機械(木材工業用設備、鉄道車両)、食品(食肉、醸造)、亜麻(あま)加工、建築資材工業が主要工業部門となっている。また、行政施設のほか、教育・文化施設として、酪農、教育、工科の各大学、美術館、郷土博物館、人形劇場などがある。16~18世紀に建造されたソフィア寺院、ボスクレセンスキー寺院が保存されている。交通の要地でもあり、河港をもち、鉄道、道路の分岐点ともなっている。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボログダの関連キーワードアルハンゲリスクネバ川プスコフАрхангельск宮殿広場Царское Село夏の宮殿ウリヤノフスクビャトカロストフ・ナ・ドヌー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone