コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボログダ Vologda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボログダ
Vologda

ロシア北西部,ボログダ州州都モスクワの北北東約 400km,スホナ川支流ボログダ川にのぞむ河港都市。通商の要地としてノブゴロドの商人によりつくられたロシアの古都で,1147年から記録に現れる。 1478年モスクワ大公国領に入り,16~17世紀には手工業の大中心地として,また白海沿岸の貿易港アルハンゲリスクへ通じる通商路を押える要地として繁栄した。 18世紀サンクトペテルブルグの発展によりバルト海方面に外国貿易の中心が移り,市の重要性は薄れたが,ロシア革命後再び発展しはじめ,機械 (木材加工業用機械,鉄道車両,船舶修理) ,食品 (食肉,醸造,油脂) ,アマ (亜麻) 加工,縫製,煉瓦製造などの工業が発達した。教育大学,酪農大学があり,聖ソフィア大聖堂 (16~17世紀) ,ボスクレセンスキー大聖堂 (18世紀) などが保存されている。鉄道,ハイウェーの分岐点。人口 30万1642(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボログダ

ロシア北西部の都市で,同名州の州都。ボログダ川の河港都市。造船,麻製品,木材加工などの工業が行われる。12世紀に創設。16―18世紀の建築遺物が残っている。モスクワ,サンクト・ペテルブルクキーロフを結ぶ鉄道の要地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボログダ【Vologda】

ロシア連邦北西部の同名州の州都。サンクト・ペテルブルグの東550km,ボログダ川に臨む。人口29万2000(1992)。12世紀にはじまり,14世紀末までノブゴロド公国の支配下にあった。ペテルブルグが建設されるまでの15~17世紀は交易の中心地であった。モスクワ,サンクト・ペテルブルグ,アルハンゲリスク,キーロフを結ぶ鉄道の要衝で,林業,酪農,造船,金属加工,機械,家具,皮革,食品工業が盛んであり,1971年に最新設備のベアリング工場ができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボログダ
ぼろぐだ
Вологда Vologda

ロシア連邦北西部、ボログダ州の州都で工業都市。人口30万4300(1999)。ロシアの古都の一つで、12世紀の記録に現れ、16~17世紀には交易、手工業の中心地として繁栄した。ロシア革命(1917)後は工業が発展し、機械(木材工業用設備、鉄道車両)、食品(食肉、醸造)、亜麻(あま)加工、建築資材工業が主要工業部門となっている。また、行政施設のほか、教育・文化施設として、酪農、教育、工科の各大学、美術館、郷土博物館、人形劇場などがある。16~18世紀に建造されたソフィア寺院、ボスクレセンスキー寺院が保存されている。交通の要地でもあり、河港をもち、鉄道、道路の分岐点ともなっている。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボログダの関連キーワードウラジミル テンドリャコフニコラーイ ベルジャーエフグリゴリー ランドスベルクキリロベロゼルスキー修道院サンクト・ペテルブルグベリキー・ウスチュクフェラポントフ修道院ベリーキーウスチュグダルビン自然保護区フォルトゥナートフアルハンゲリスク州ランドスベルクワシーリー1世ベルジャーエフバーチュシコフ北ドビナ[川]ポローブニクチェレポベツディオニシーイリューシン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android