コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーデン湖 ボーデンこBodensee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーデン湖
ボーデンこ
Bodensee

英語ではコンスタンス湖 Lake Constance。スイス,ドイツ,オーストリアの境界にあるアルプス地方の氷河湖。面積 576km2 (うちドイツ領 305km2) ,周囲 175km。最大水深 252m,湖面標高 398m。沿岸は穏やかな気候と美しい景観に恵まれた世界的な観光・保養地。北西部はユーバーリンガーゼー,ウンターゼーに分れ,主体部分はオーバーゼーと呼ばれる。南東端にライン川が流入し,ウンターゼーを経てシュタインから流出する。凍結は少く,平年は凍らない。湖岸の肥沃な斜面にはブドウなどの果樹が栽培され,コンスタンツリンダウなどの観光・保養地がある。湖水の一部はパイプラインで南ドイツ地方へ送られ,シュツットガルト一帯の都市用水,工業用水に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボーデン‐こ【ボーデン湖】

Bodensee》ドイツ・スイス・オーストリア国境にある湖。標高395メートルにあり、面積539平方キロメートル、水深276メートル。ライン川の上流部に位置する。コンスタンス湖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ボーデンこ【ボーデン湖】

〔Boden〕 ドイツ・スイス・オーストリアの国境に位置するアルプス山脈の氷河湖。ライン川の主要な水源。観光地として名高い。別名、コンスタンツ湖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーデン湖
ぼーでんこ
Bodensee

ドイツ、オーストリア、スイスの3国にまたがる湖。別名コンスタンスConstance湖。標高400メートルにあり、面積539平方キロメートル、最大水深252メートル。更新世(洪積世)の氷期の氷河の末端部が舌状に伸びる氷舌盆地に水がたたえられてできたものである。アルプス山中に発するライン川が湖の南東部に流入し、西部から流出する。湖の水量は490億立方メートルで、ライン川の年間流入量120億立方メートルの4倍もあり、ライン川の流量の調整に重要な役割を果たしている。湖への流入水量の最大と最小の比が80対1であるのに対し、湖からの流出水量の最大と最小の比が10対1にすぎないことが、調整池として大きな意義をもつことを示している。北岸の南向き斜面では良好な気候を利用してブドウ栽培が行われる。アルプス連山を一望でき、湖岸には観光・保養地が多い。湖上を3か国のフェリーボートや遊覧船が行き来し、水上スポーツも盛んである。[前島郁雄]
『小塩節著『ラインとともに』(1998・郁文堂) ▽相原恭子文・写真『ドイツファンタスティック街道夢紀行』(1998・東京書籍) ▽ヘルマン・ヘッセ著、フォルカー・ミヒュルス編、岡田朝雄訳『庭仕事の愉しみ』(1998・草思社) ▽長真弓著『スイスの鉄道――アルプスから碧水の湖畔、石畳の街までを網羅』(2003・JTB) ▽「地球の歩き方」編集室編『地球の歩き方A18 スイス(2003~2004年版)』(2003・ダイヤモンド・ビッグ社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボーデン湖の関連キーワードバーデン・ウュルテンベルクバーデンウュルテンベルク州フリードリヒスハーフェンザンクトガレンの大聖堂アルペンフォールラントザンクト・ガレン修道院ザンクトガレン修道院メーアスブルク城新城僧院の島ライヒェナウメーアスブルク城旧城ペーター ハントケライヒエナウ[島]ラーフェンスブルクフォアアールベルク大修道院付属図書館ビュルテンベルククロイツボーデンザンクト・ガレンライヘナウ修道院ザンクトガレン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android