ポズナニ

大辞林 第三版の解説

ポズナニ【Poznań】

ポーランド中西部、ワルタ川に臨む河港都市。機械・自動車工業が発達。鉄道交通の要地。ドイツ語名ポーゼン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポズナニ
ぽずなに
Pozna

ポーランド西部、ビエルコポルスカ県の県都で、ビエルコポルスカ地方の中心都市。オドラ(オーデル)川支流バルタ川の両岸に発達する。人口57万1571(2002)で、ポーランド第五の都市。ドイツ語名ポーゼンPosen。肥沃(ひよく)な穀倉地帯であるビエルコポルスカ平野の中央に位置し、8~10世紀からスラブ人集落として開けたポーランド最古の都市の一つ。交通上優れた位置にあるため、14~16世紀には商工業都市として繁栄、旧市街のトムスキー島地区にその名残(なごり)をとどめ、ルネサンス様式の市庁舎、ゴシック様式の大聖堂、ロマネスク様式の聖ヨハネ教会など、歴史的建造物が多い。大工業都市で、ツェギエルスキ機械金属コンビナート(1846創業)は、機関車、車両、農業機械、工作機械、舶用タービンなどを生産する総合機械工場である。ほかに化学、印刷、木材、食品加工、繊維などの工業が立地する。過去の商業発展の伝統を引き、1921年以来、国際見本市が毎春開かれる。1518年創設のルブラニスキ文芸アカデミーをはじめとする教育・研究機関や劇場などの文化施設も多い。[山本 茂]

歴史

8世紀ごろから城塞(じょうさい)が築かれ、968年にはポーランド最初の司教座が置かれた。13世紀の中ごろには都市の基礎がつくられ、14~16世紀には商業・手工業が発展し、文化活動や宗教改革運動の中心地となった。1793年からはプロイセン領となるが、住民はドイツ化に抵抗し、1918年の蜂起(ほうき)で解放された。第二次世界大戦では市の大部分が破壊されたが、戦後復興した。1956年6月には労働者の反ソ暴動ポズナニ事件が起こった。[安部一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ポズナニ

(Poznań) ポーランド西部、ポズナニ県の県都。バルタ川をはさみ、古くから商工業都市として栄えた。国際見本市も開かれる。一九五六年六月に労働者の反ソ暴動が発生。ポズナニ事件といわれ、ポーランドの政治改革につながった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポズナニの関連情報