コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポツダム会談 ポツダムかいだんPotsdam Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポツダム会談
ポツダムかいだん
Potsdam Conference

1945年7月 17日~8月2日ベルリン郊外のポツダムで開かれたアメリカ,イギリス,ソ連3国の巨頭会談。 H.トルーマン,W.チャーチル (途中から C.アトリーに交代) ,I.スターリンが出席し,第2次世界大戦後のドイツの処理問題を討議した結果,ポツダム協定で決定をみた。また日本に対しては,降伏条件,戦後処理方式を決定し,中国の同意を得て,7月 26日に米英中3国宣言 (→ポツダム宣言 ) を発表した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポツダム会談【ポツダムかいだん】

第2次世界大戦の末期,1945年7月17日から8月2日にわたり,ベルリン郊外のポツダムPotsdamで開かれた米・英・ソ3国首脳会談トルーマンチャーチル(途中からアトリーに交替),スターリンが出席。
→関連項目オーデル・ナイセ線ポツダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポツダムかいだん【ポツダム会談 Potsdam Conference】

第2次世界大戦中最後のアメリカ,イギリス,ソ連3国巨頭会談。ドイツ降状後の1945年7月17日から8月2日にかけて,ベルリン近郊のポツダムで開催された。トルーマン・アメリカ大統領,スターリン・ソ連首相,チャーチル・イギリス首相(会談中の総選挙の結果,途中からアトリーと交替した)のほか,3国の外相が出席した。 会談ではとりわけポーランド,ドイツ間の国境画定と,ドイツからの賠償取立て方法とを巡って対立がみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポツダムかいだん【ポツダム会談】

1945年(昭和20)7月17日から8月2日まで、ポツダムで行われた、米・英・ソの首脳トルーマン・チャーチル(中途でアトリーに代わる)・スターリンの会談。第二次大戦後のヨーロッパの処理、日本の降伏条件などを決定した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポツダム会談
ぽつだむかいだん
Potsdam Conference

第二次世界大戦の終結により生ずる諸問題を討議するため、1945年7月17日から8月2日まで、ベルリン近郊のポツダム(チェチリエンホーフ宮殿)において開催された米英ソ三国政府首脳の会談。アメリカ側は大統領トルーマンとバーンズ国務長官、ソ連側は首相スターリンと外相モロトフ、イギリス側は、最初首相チャーチルと外相イーデン(7月25日まで)、のちイギリス国内での政権交代の結果、首相アトリーと外相ベバン(7月28日から)らが出席した。
 会議では、第1日目、イタリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリーおよびフィンランドとの平和条約を起草し、対独平和取決めを準備するための外相理事会を設置することに合意したものの、以後はドイツに対する処理をめぐって、米英とソ連とが対立し、会議は難航を続けた。とくに大きな対立点をなしたのは、ドイツからの賠償取り立ての問題と、ドイツ東部国境=ポーランド西部国境画定の問題である。賠償問題につき、大戦中の最大の被害国であるソ連は、全ドイツから100億ドル近い賠償額を要求し、一方米英は、ドイツがヨーロッパ平均(英ソを除く)を超えない生活水準を維持できる限度内で、各国がそれぞれの占領地帯から賠償を取り立てることを主張した。また、ドイツの東部国境すなわちポーランド西部国境については、ソ連がポーランドの領土をオーデル川および西ナイセ川の線(オーデル‐ナイセ・ライン)にまで拡大することを要求し、米英はこれに反対を唱えた。こうして会談は、ほとんど最後まで一致が得られるかどうかわからないありさまであった。しかし、7月31日賠償問題について妥協案が得られ、ポーランド西部国境についても、「その最終的画定は平和会議をまたなければならない」というヤルタ方式を再確認することで解決がなった。8月2日、トルーマン、スターリン、アトリーの三首脳は、対独処理原則を含むコミュニケに署名した。
 会談開催途中における対日ポツダム宣言の発表といい、ドイツ占領管理原則の確定といい、本会談の歴史的意義はきわめて大きい。[深谷満雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポツダム会談の言及

【第2次世界大戦】より

…しかしチャーチルは45年7月の選挙で敗北して労働党のアトリーに代わり,またローズベルトも4月病死しトルーマンに代わることになる。7月17日から8月2日までポツダムで最も長い3国首脳会談が開かれた(ポツダム会談)。中心となった問題はドイツの処理問題であり,分割占領・非軍事化・民主主義的政治体制については合意したものの,賠償の問題と統一ドイツ政府の問題では決着をみず,妥協の結果ポツダム協定が締結された。…

※「ポツダム会談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポツダム会談の関連キーワードマーシャル(George Catlett Marshall)ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群ジョージ・C. マーシャルジュネーブ四大国首脳会談第2次世界大戦連合国会議ツェツィリエンホーフ宮殿アメリカ合衆国史(年表)インドシナ戦争原子爆弾投下米ロ関係ポモジェ中途

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポツダム会談の関連情報