ポプリン(英語表記)poplin

翻訳|poplin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポプリン
poplin

経糸の密度を緯糸の2~3倍にした,横方向にうねのある平織物。原料は主として綿の経 42~80番双糸, 10~30番単糸または 20~30番双糸。ほかにも毛,絹,人造繊維無撚糸,混紡物がある。用途はワイシャツ,ブラウス,婦人子供服,スポーツ服,カーテンなど。 (→ブロードクロス )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポプリン(poplin)

木綿・絹・毛などを用い、横に細いうねを織り出した柔軟で光沢のある平織物。ワイシャツ・婦人子供服・カーテンなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポプリン

緯(よこ)糸より細い経(たて)糸を密に用いて平織にし,横方向に畝(うね)を出した織物。本来は経に絹糸を緯に梳毛(そもう)糸を用いた織物で,コートや婦人服地とする。現在は木綿が代表的で,シルケット加工をして光沢を出す。堅牢(けんろう)なのでシャツ,婦人子ども服,カーテンなどにする。絹,化繊,交織などもある。
→関連項目ダブリン平織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポプリン【poplin】

平組織で経糸は細く緻密であり,緯糸は経糸と同番手または多少太いものを用い,緯方向に畝(うね)の立った薄手で光沢に富む織物。洋服やカーテンなどに使われる。語源はpapalino(イタリア語,〈教皇の〉の意)で,この織物が1791年までローマ教皇所領であったアビニョンで作られたことに由来するとされる。元来は絹と毛の交織で,法衣や教会内の装飾用に使われたが,現在はウール梳毛糸(そもうし)や綿糸レーヨンを用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポプリン【poplin】

たて糸を緯よこ糸より細く密にして、よこうねを織り出した、平織りの柔らかい織物。綿・毛・絹・合成繊維のものがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポプリン
ぽぷりん
poplin

一般に約40番手ぐらいの単糸を使い、やや緯畝(よこうね)のある平織に織った織物。これと同様な生地(きじ)にブロードがあるが、60番手以上の双糸を使っていることが多く、ポプリンより高級品である。販売上からは、ポプリンよりブロードとするのがよいため内容と品質が一致しない表示もある。16世紀にフランスのアビニョンで緯畝の絹織物がつくられ、アビニョンが当時ポープつまり教皇の所管地であったため、ポプリンと名づけられたという。生地は綿が多いが、毛、絹、化合繊ともつくられ、多くはシャツ、ブラウス地などに使われている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ポプリン

〘名〙 (poplin) 織物の一つ。経(たていと)に細い糸、緯(よこいと)に太い糸を用いて、かすかな横うねを織り出した平織布地。木綿・絹・毛・化繊のものがある。服地、特にワイシャツやブラウスなどに用いられる。
※波(1928)〈山本有三〉子「ポプリンの持ってゐる硬さがちっともなくって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android