コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポロンナルワ Polonnaruwa

世界大百科事典 第2版の解説

ポロンナルワ【Polonnaruwa】

アヌラーダプラと並ぶスリランカの古都。11世紀に侵入した南インドのタミル人を追放して1070年ビジャヤバーフ1世が首都をアヌラーダプラから移し,12~13世紀のパラクラマバーフ1世とニッサンカ・マッラのとき最も栄え,タイやビルマ(現ミャンマー)からも多くの仏教僧が訪れた。人造湖の東に都城址が広がり,王宮跡,ストゥーパを安置する円形のワタダーゲー,蓮茎状の柱が残る建築ニッサンカ・ラター・マンダパヤ,タイの寺院建築との類似が指摘されている7層のサト・マハル・パーサーダ,タミル人の建立になる二つのシバ寺院(11世紀)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポロンナルワ(Polonnaruwa)

スリランカ中部の古都。11世紀から13世紀にかけてシンハラ王朝の都が置かれ、12世紀後半のパラクラマブフ1世の時代に盛期を迎え、灌漑(かんがい)用の貯水池パラクラマサムドラが造られた。旧市街には城壁に囲まれたクワドラングルとよばれる遺跡群があり、仏堂、仏塔、王宮などが残っている。1982年に「古都ポロンナルワ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポロンナルワ

スリランカの中東部にある古都。シンハラ王朝第二の都で1017年から1255までシンハラ王朝の首都であった。パラークラマバーフ1世時代には黄金期を迎え,灌漑(かんがい)施設の充実により乾季でも農耕を可能にしたり,灌漑用貯水池を建設し,首都は自給自足の体制を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポロンナルワ
ぽろんなるわ
Polonnaruwa'

スリランカ中部の古都。11~13世紀にシンハラの王都として栄え、パラクラマブフ1世(在位1153~86)の時代には、シンハラ文化の中心地となり灌漑(かんがい)用貯水地や用水路も建設された。13世紀末には廃都となったが、20世紀以後遺跡の発掘が行われた。石立像、王宮跡、ワタダゲ(円形仏堂)、ガル・ビハーラ(仏教寺院跡)など、古代仏教文化の遺跡が比較的完全な形で保存され観光地となっている。1982年には世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[吉野正敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポロンナルワの言及

【スリランカ美術】より

…全時代を通じて仏教美術が優勢であり,中世以降南インドからの移住民によりヒンドゥー教美術も行われた。造形活動の中心地は前4世紀から1000年以上首都であったアヌラーダプラ,それに続いて12世紀を中心に繁栄したポロンナルワであり,遺構もそれらの周辺に多い。
[建築]
 建築は仏教やヒンドゥー教の宗教建築のほかに,王宮などの世俗建築もある。…

※「ポロンナルワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポロンナルワの関連キーワードサトゥマハルプラサダ古代都市ポロンナルワパンドゥワスヌワラティワンカピリマゲワスガムワ国立公園ランコトゥビハーラランカティラカ寺院ミネリヤ国立公園パラクラマバーフスリランカ美術パバルビハーラキリビハーラガルビハーラシーギリヤワタダーゲハタダーゲ吉野正敏ハバラナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android