コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイコトキシン マイコトキシン mycotoxin

翻訳|mycotoxin

5件 の用語解説(マイコトキシンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイコトキシン(mycotoxin)

コウジカビアオカビなどの真菌代謝産物。人畜に摂取されると有害。アフラトキシンなど。黴毒(かびどく)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

マイコトキシン

 カビ毒をいう.糸状菌の生産する,毒性のある物質.代表的なものに,アフラトキシンがある.生産する菌としてはAspergillus flavusClaviceps purpuraFusarium graminearumAspergillus ochraceusAspergillus parasiticusPenicillium viridicatumなどがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マイコトキシン【mycotoxin】

カビ毒ともいう。カビ(真菌)が産生する毒素の総称で,ヒトをはじめ家畜や魚類などに種々の障害をひき起こす。一般にカビによる疾病のうち,カビの感染によるものを真菌症といって,カビ毒による疾病であるカビ毒中毒症mycotoxicosisと区別するが,この両者を厳密に区別することは難しい。麦角菌中毒など食物につくカビによる中毒は古くから知られ,日本でも,米につくカビ毒についての研究が19世紀末から行われてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マイコトキシン【mycotoxin】

細菌のつくる物質で、人畜に摂取されたとき有害なものの総称。穀物などの貯蔵菌に多い。アフラトキシンなど発がん性のものもあり、神経系に作用して痙攣けいれんや麻痺を生じさせるものが少なくない。カビ毒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイコトキシン
まいこときしん
mycotoxin

カビが生産するかび毒をいう。カビの二次代謝生産物で、ヒトおよび動物に有害な生理作用をもつ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマイコトキシンの言及

【肝臓癌】より

…原因は肝炎ウイルス(B型,C型)に求められることが多い。そのほかに,ヘモクロマトージス,飲酒,マイコトキシンmycotoxin(カビの有害な代謝産物),薬物として性ホルモン剤やトロトラストthorotrast(かつて血管・肝脾造影剤として使用された)などとの関連が重視されている。 初期には特有の症状はなく,合併している肝硬変の症状や肝硬変症様の臨床検査成績を示す。…

【肝臓癌】より

…原因は肝炎ウイルス(B型,C型)に求められることが多い。そのほかに,ヘモクロマトージス,飲酒,マイコトキシンmycotoxin(カビの有害な代謝産物),薬物として性ホルモン剤やトロトラストthorotrast(かつて血管・肝脾造影剤として使用された)などとの関連が重視されている。 初期には特有の症状はなく,合併している肝硬変の症状や肝硬変症様の臨床検査成績を示す。…

【コウジカビ(麴黴)】より

…応用性の高い反面,有害菌もあり,フミガツスコウジカビA.fumigatusは40℃でよく生え,鳥類(ときに人体)の肺に生えて病気(アスペルギルス病)をおこし,カワキコウジカビA.glaucus群はやや乾いたものを好むので,塩分や糖分の多い食品や皮革製品,レンズなどに発生することが多い。ニホンコウジカビに近いフラブスコウジカビA.flavusはカイコをはじめとする昆虫のこうじかび病をおこし,有毒のアフラトキシンを生産し,マイコトキシン研究の端緒となった。コウジカビは系統的にはアオカビにごく近い。…

【生物兵器】より

…また朝鮮戦争下にアメリカ軍が使用したと報告されたが,アメリカ側は否定した。1980年代にもアフガニスタンでソ連側,カンボジアでベトナム側が〈マイコトキシン〉を使用したと報道されたが,ソ連側,ベトナム側は否定した(またこの兵器名は非科学的である)。このように真実の認定が困難であることと虚偽の政治宣伝に利用されやすいことは,生物兵器の大きな特徴である。…

※「マイコトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイコトキシンの関連キーワード壺黴アカカビ中毒カビ汚染カビ付けカビ毒抗カビ剤抗真菌薬ニバレノール発カビ黒カビ病

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイコトキシンの関連情報