コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイモン マイモンMaimon, Salomon

4件 の用語解説(マイモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイモン
マイモン
Maimon, Salomon

[生]1754頃.ニェシュビチ
[没]1800.11.22. ニーダージーゲルスドルフ
ドイツユダヤ人哲学者。 M.メンデルスゾーンに学び,ヒュームの影響を受けた。批判的観念論の立場からカント哲学の創造的批判を試み,カントをはじめ,フィヒテシェリングヘーゲルらに傾聴された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マイモン

リトアニア出身のユダヤ系哲学者。マイモンデス,M.メンデルスゾーンに学ぶ。カント哲学,特に〈物自体〉の概念に対する独創的批判を行い,合理主義観念論を徹底して,フィヒテさらに新カント学派の先駆となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイモン【Salomon Maimon】

1753‐1800
ユダヤ系の哲学者。リトアニア生れ。マイモニデスに親しみタルムード研究から批判的分析の方法を学ぶ。ポズナンを経てベルリンへ至り,一時M.メンデルスゾーンに私淑,ライプニッツスピノザロック,D.ヒューム,とりわけカントの批判哲学を研究し,《先験哲学に関する試論》(1790)は,カント自身によって最も洞察的なカント批判とみなされた。マイモンは,カントのいう〈物自体〉を不可知であるばかりか思惟不可能な,いわば意識の限界概念であるとし,カントの現象界と物自体界の二元論を批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイモン
まいもん
Salomon Maimon
(1753/1754―1800)

ポーランド領リトアニア(現、ベラルーシ共和国)出身のユダヤ人でドイツの哲学者。故郷の伝統的ユダヤ人社会を出て、マイモニデスを学び、ドイツ語を自習し貧困のうちに思索した。スピノザ、ロックらを学んだのちカントの批判哲学を研究したが、物自体説の批判などにみられる彼の思想は、カント自身によっても非常に高く評価され、ドイツ観念論にも深い影響を及ぼした。その自伝は当時の東欧のユダヤ人やユダヤ教社会、また一思索者の時代・環境との闘いを生き生きと描いている。[常葉謙二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイモンの関連キーワード長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓コロンビア大学周期表森羅万象菅江真澄頭光日暮硯ホルベア

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイモンの関連情報