コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカダム John Loudon McAdam

大辞林 第三版の解説

マカダム【John Loudon McAdam】

1756~1836) イギリスの土木技術者。砕石による道路舗装法(マカダム法)を創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカダム
McAdam, John Loudon

[生]1756.9.21. エア
[没]1836.11.26. モファット
道路舗装方法であるマカダム工法を考案したイギリススコットランドの技術者。1770年にアメリカ合衆国のニューヨークに渡り,商人である叔父の会計事務所に入る。相当の財をなして 1783年に帰国し,エアシャーのソシュリーに地所を購入。在住する行政地区の道路管理官に就任し,この地域の幹線道路が劣悪な状態にあることを知ると,私財を投じて何度も道路建設の実験を行なった。1798年にコーンウォールファルマスに移り,政府から任じられて実験を続けた。水はけをよくするために道路を周囲の土地より高くすることや,最下層に大粒の砕石,その上に小さめの砕石を敷き詰めておし固め,細かい砕石やスラグによって全体をかみ合わせる方法を提案した。1815年,ブリストルの道路監督長に任命され,みずから考案した方法を実行に移す。その記録として "Remarks on the Present System of Road-Making"(1816)と "Practical Essay on the Scientific Repair and Preservation of Roads"(1819)を著した。1823年,道路建設に関する議会調査の結果,マカダム工法は公的に用いられるところとなり,1827年マカダムはイギリス都市道路監督長官に任命された。マカダム工法による舗装道路の建設は人や情報の往来を大いに促進した。ほどなくマカダム工法はアメリカをはじめとする諸外国でも取り入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マカダム
まかだむ
John Loudon McAdam
(1756―1836)

イギリスの土木技術者。スコットランドのエア生まれ。約5センチメートル径の石からなる3層の不透水層の砕石舗装法であるマカダム舗装とよばれる工法を発明して、ローマ帝国時代以来の道路施工を一新した。1770年ニューヨークの叔父のもとへ行き、財をなし1783年帰国、以後、道路試験研究に私財を投入した。1815年ブリストル道路監督長となり、自らの考案を実行に移す。1819年と1820年にその成果を出版。1827年、政府の道路長官に任ぜられ、全国の道路を一新し、交通条件を整えることによって産業革命の推進に著しく貢献した。ダンフリー州のモファトにて没。[高橋 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マカダムの関連キーワードウォーカー(William Hultz Walker、化学工学者)ウィリアム・ハルツ ウォーカーアスファルト舗装ロードローラー9月23日マッカダム創始

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android