マグナカルタ

精選版 日本国語大辞典「マグナカルタ」の解説

マグナ‐カルタ

(Magna Carta) 一二一五年、イングランド王ジョン貴族たちに強制されて承認した特許状。イギリス憲法を構成する重要文書の一つ。「大憲章」と訳される。前文と六三条から成り、国王の徴税制限、人身の自由、不当な裁判による逮捕・財産没収・追放の禁止などを骨子とする。本質的には王権の制限、貴族の特権の確認で、一般人民の自由を規定したものではない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「マグナカルタ」の解説

マグナ‐カルタ(Magna Carta)

1215年、イングランド王ジョンが封建貴族たちに強制されて承認、調印した文書。前文と63条からなり、国王の徴税権の制限、法による支配などを明文化し、王権を制限、封建貴族の特権を再確認したもの。権利請願権利章典とともに英国立憲制の発展に重要な役割を果たした。大憲章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例