コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグナカルタ Magna Carta

デジタル大辞泉の解説

マグナ‐カルタ(Magna Carta)

1215年、イングランド王ジョンが封建貴族たちに強制されて承認、調印した文書。前文と63条からなり、国王の徴税権の制限、法による支配などを明文化し、王権を制限、封建貴族の特権を再確認したもの。権利請願権利章典とともに英国立憲制の発展に重要な役割を果たした。大憲章

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マグナカルタ【Magna Carta】

1215年、イギリスの封建諸侯が国王ジョンに迫り、王権の制限と諸侯の権利を確認させた文書。のちに国王の専制から国民の権利・自由を守るための典拠として取り上げられ、権利請願・権利章典とともにイギリス立憲制の支柱とされる。大憲章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マグナカルタの関連キーワードクイーンビクトリアビルディングシモンドモンフォールソールズベリー大聖堂子どもの権利条約世界の記憶高口公介支柱典拠専制

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マグナカルタの関連情報