コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタニティ・ブルー マタニティブルー

百科事典マイペディアの解説

マタニティ・ブルー

出産後の母親に起こるさまざまな鬱(うつ)症状や不安神経症状の総称産褥神経症とも。出産直後から3ヵ月ぐらいの間で,特に離乳期や月経再開期に起きることが多い。育児ノイローゼとの明瞭な区別はないが,一般的にマタニティ・ブルーは,より短期間で治まる一過性の症状を指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタニティ・ブルー
またにてぃぶるー

子を出産した直後から3か月後ほどの間に母親にみられる軽度のうつ症状および神経症状。とくに初産婦に多く、妊娠期間中にみられることもある。程度の差はあるが、疲れやすくなる、無気力になる、涙もろくなる、怒りっぽくなる、不安や寂しさを訴えるといった症状のほかに、頭痛や不眠および食欲不振といった症状を呈する。出産が原因となる精神的ストレスおよび疲労、ホルモンバランスの変調、育児に伴う睡眠不足、環境や生活状況の変化、育児への不安などによる心理的な反応として、3人に1人程度の産褥(さんじょく)婦が経験する。多くは一過性のもので短い間に回復がみられるが、重症となれば産後うつ病などの精神障害に陥る場合もあり、自殺企図につながったり、育児放棄や子への虐待などに発展してしまうケースもある。なお、産後うつ病となるのは、出産を経験した女性のおよそ10人に1人といわれている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マタニティ・ブルーの関連キーワードパタニティ・ブルー産後うつ病鬱病

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android