マタニティ・ブルー(読み)マタニティブルー

百科事典マイペディアの解説

マタニティ・ブルー

出産後の母親に起こるさまざまな鬱(うつ)症状や不安神経症状の総称。産褥神経症とも。出産直後から3ヵ月ぐらいの間で,特に離乳期や月経再開期に起きることが多い。育児ノイローゼとの明瞭な区別はないが,一般的にマタニティ・ブルーは,より短期間で治まる一過性の症状を指す。言葉から受けるイメージがあまり病的でないことからも,医師や医学雑誌などでよく用いられる。 何をしてもつまらない,よく泣く,絶望感,疲労感,セックスに関心がもてない,不眠,食欲減退などの症状が2週間以上続くと,マタニティ・ブルーと診断される。はっきりした原因はなく,生理的,心理的,環境的な要因が絡まり合い引き起こされると考えられている。生理的な要因は,出産後の著しいホルモンの変化,慢性的な睡眠不足,遺伝的要素など。心理的な要因は,性格,期待の大きさと裏腹なプレッシャーや自信喪失など。環境的要因は,周囲の援助が受けられない,経済的な問題など。 結婚生活や妊娠期間は問題がなく安定していても,突然症状に襲われる場合もある。また,父親や出産を体験していない母親も,マタニティ・ブルーになる可能性はある。大切なのは,症状を自覚し受け入れること。孤立して内にこもらないように心がけ,育児に対する正しい指導や周囲の援助を上手に受けることも必要である。そうして母親としてのアイデンティティが確立できれば,自然に回復する。→鬱病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタニティ・ブルー
またにてぃぶるー

子を出産した直後から3か月後ほどの間に母親にみられる軽度のうつ症状および神経症状。とくに初産婦に多く、妊娠期間中にみられることもある。程度の差はあるが、疲れやすくなる、無気力になる、涙もろくなる、怒りっぽくなる、不安や寂しさを訴えるといった症状のほかに、頭痛や不眠および食欲不振といった症状を呈する。出産が原因となる精神的ストレスおよび疲労、ホルモンバランスの変調、育児に伴う睡眠不足、環境や生活状況の変化、育児への不安などによる心理的な反応として、3人に1人程度の産褥(さんじょく)婦が経験する。多くは一過性のもので短い間に回復がみられるが、重症となれば産後うつ病などの精神障害に陥る場合もあり、自殺企図につながったり、育児放棄や子への虐待などに発展してしまうケースもある。なお、産後うつ病となるのは、出産を経験した女性のおよそ10人に1人といわれている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android