コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツモ

栄養・生化学辞典の解説

マツモ

 [Analipus japonicus].イソガワラ目マツモ属の海藻で食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マツモ

キンギョモ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

海藻海草標本図鑑の解説

マツモ

からだは匍匐部と,そこから立ち上がった直立部からなる。匍匐部は不規則に分岐した付着部が密に入り組み,塊状に なっている。匍匐部は多年生で,越夏した匍匐部からは初冬に直立部が芽生え,冬〜春にかけて直立部が叢生する。直立部は円柱状の主軸と,主軸から密に輪生 する短い側枝からなる。側枝は上部のものほど短くなり,側枝からの更なる分枝は見られない。直立部は柔らかい手触りであるが,匍匐部は硬い。生体は緑褐 色〜濃褐色。押し葉標本は台紙によくつくが,老成したものはあまりつかない。マツモはその 形が松葉のように糸状であることから,かつては松穂(まつぼ)と呼ばれていたという。マツモは大変美味な海藻であり,東北や北海道では採集され,そのまま 「生まつも」として,また乾燥させて「干まつも」「焼まつも」などに加工され,販売されている。三陸地方では養殖も行われている。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マツモ【hornwort】

池や沼などの水中に生育するマツモ科の小型多年生水草で,世界中に広く分布し,茎の先の冬芽で越冬する(イラスト)。キンギョモとも呼ばれる。茎は20~80cmでまばらに分枝し,通常,根を持たない。葉は輪生し,細かく切れこむ。マツモという名前は葉が松葉に似ているところからつけられた。花は単性花で雌雄同株,葉腋(ようえき)から出る。雄花は8~12片の総苞に囲まれた10~20本のおしべをもち,葯は外向きにつく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マツモの関連キーワードマツモトキヨシメンバーズクレジットカードマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシ九州販売マツモトキヨシ[株]イワヒゲ(マツモ科)マツモムシ(松藻虫)キンギョモ(金魚藻)マツモ(沈水植物)PREDIENTマツモ(松藻)マツポリちゃんイシゲ(石毛)フサモ(総藻)LUNG TAホザキノフサモレチノタイム黄色松藻虫フトモズクフジマツモマツモムシ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マツモの関連情報