マトリックス力学(読み)マトリックスりきがく

百科事典マイペディアの解説

マトリックス力学【マトリックスりきがく】

行列力学とも。ボーアが彼の量子論と古典理論を関係づけるため立てた対応原理を出発点とし,1925年ハイゼンベルクが提唱し,ボルンヨルダンが展開した量子力学の一形式。座標,運動量,エネルギーなど観測できる物理量をすべて行列で表し,それらの間に古典的運動方程式に対応する運動方程式と量子条件を表す方程式を立てる。行列に変換を加えることにより,系のエネルギー準位や,ある準位から他の準位への遷移の確率が行列の要素として得られる。波動力学と数学的に同値だが,扱いが不便なので波動力学のほうが多く用いられる。
→関連項目シュレーディンガー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マトリックスりきがく【マトリックス力学 matrix mechanics】

行列力学ともいう。原子内の電子を記述する力学として,W.K.ハイゼンベルクが1925年に提唱したもので,古典力学から脱却し,量子力学の端緒となったものである。ハイゼンベルクによると,電子の位置を表す変数などすべての物理量は単なる数値ではなく,行列(マトリックス)で表されなければならない。位置Qと,それに共役な運動量Pとの積は可換ではなく, PQQPiħIという交換関係を満たす。ここにħはプランク定数を2πで割ったものであり,Iは単位行列である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マトリックスりきがく【マトリックス力学】

ボーアの対応原理に導かれ、1925年にハイゼンベルクが考案した量子力学の一形式。座標・運動量などの物理量がマトリックス(行列)によって表される。のちシュレーディンガーの波動力学と同等の内容であることがわかり、量子力学として統一された。行列力学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマトリックス力学の言及

【量子力学】より

…ボーアは,これを対応原理とよんで巧妙な推理によって逆向きにつかい,原子が出す光の強度や偏りの公式を,対応する古典的な公式から導き出した。
[マトリックス力学]
 原子のなかでの電子の定常状態は量子数nで決まる。単位時間当りの公転数もnで決まるνnで,古典的にはこの電子が出す光の振動数はその整数倍のτνnになるが,これは実際にはn→∞で漸近的に正しいだけで(対応原理),原子が出す光の振動数はのように二つの整数n,n′で決まる。…

※「マトリックス力学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android