マヌス島(読み)マヌスとう(英語表記)Manus Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌス島
マヌスとう
Manus Island

パプアニューギニア北部,アドミラルティ諸島の主島。周辺の島々とともにマヌス県 (面積 2100km2。人口3万 2830〈1990〉) を構成する。県都はロレンガウ。自給用のサゴヤシ栽培と漁業のほか,輸出産業としてコプラ,ココア,コーヒーを産出。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヌス島の関連情報