コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルケルス マルケルス Marcellus, Marcus Claudius

4件 の用語解説(マルケルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルケルス
マルケルス
Marcellus, Marcus Claudius

[生]前268頃
[没]前208. ウェヌシア近郊
古代ローマクラウディウス家出身の軍人,政治家。5度執政官 (コンスル ) を経験。執政官在任中,ローマ軍を指揮して,数々の功績をあげ,「ローマの剣」とあだ名された。前 214年第2次ポエニ戦争シラクサを攻め,アルキメデスの計略で苦戦したが,2年にわたる攻囲ののちこれを落した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マルケルス
マルケルス
Marcellus, Marcus Claudius

[生]?
[没]前46. ペイライエウス
古代ローマのクラウディウス家出身の政治家。閥族派 (オプチマテス ) の指導者。ユリウス・カエサルと対立し,内乱中はポンペイウス派に属した。ポンペイウス (大ポンペイウス) の死後,一時ギリシアに逃れて遊学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マルケルス
マルケルス
Marcellus, Marcus Claudius

[生]前42頃
[没]前23. バイアエ
古代ローマのクラウディウス家出身の軍人。アウグスツス帝の姉オクタウィアの子。前 25年アウグスツスの娘ユリアと結婚。将来を嘱望されていたが造営官在任中急死。アウグスツスみずから追悼演説を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マルケルス【Marcus Claudius Marcellus】

前268以前‐前208
共和政中期ローマの政治家,将軍。前222年のコンスル(執政官)として北イタリアインスブレス族を破り,第2次ポエニ戦争では特にカンネーの戦以降活躍する。前214年のコンスル(第3次)として,同僚ファビウスの〈ローマの盾〉に対して〈ローマの剣〉とうたわれた。南イタリアを転戦しつつ武勲をあげ,次いでシチリアに転じ,前213年にはシラクサを包囲,翌年これを落とした。前210年第4次コンスル職,前208年第5次コンスル職に就き,南イタリアで戦ったが,ウェヌシア付近のペテリアで戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルケルスの関連キーワードアントニウスカエサルクラッススカトーグラックスファビウス共和政治スキピオ[大]スキピオ[小]ブルトゥス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone