コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンスフェルト Mansfeld, (Peter) Ernst II, Graf von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンスフェルト
Mansfeld, (Peter) Ernst II, Graf von

[生]1580頃.ルクセンブルク
[没]1626.11.29. サラエボ近郊
ドイツの軍人。ルクセンブルク総督マンスフェルト公ペーター・エルンスト1世の私生児。父の遺産相続から除外され,そのためハプスブルク家に敵意をいだいて 1609年プロテスタントに改宗。 18年サボイア公カルロ・エマヌエルを支援してピルゼンを攻略。三十年戦争に際してはプロテスタント同盟軍に加わり,20年以降はライン地方で J.ティリーの率いる皇帝軍と戦った。 22~24年オランダ傭兵,次いでイギリスの傭兵となってデンマーク王の干渉戦争に参加。 26年4月 25日,エルベ川デッサウの渡河点で A.ワレンシュタインの率いる皇帝軍の阻止に失敗し,ベネチアへ退却の途中病没。

マンスフェルト
Mansvelt, C. G. van

[生]1837
[没]?
オランダの海軍軍医。慶応2 (1866) 年,A.ボードゥインの後任として長崎養生所の教師に着任,明治4 (71) 年4月まで同校で教え,その後熊本医学校 (71~74) ,京都府療病院 (76~78) ,大阪府病院 (78~79) でも教え,滞日 14年に及んだ。門下生に北里柴三郎緒方正規,浜田玄達らがあり,日本医学界に与えた影響は大きい。 1879年帰国後はハーグ種痘局長をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

マンスフェルト Mansvelt, Constant George van

1832-1912 オランダの医師。
1832年2月28日生まれ。慶応2年(1866)来日。長崎精得館(長崎大医学部の前身)教師となり,維新後も長与専斎(ながよ-せんさい)とともに同校の学制を改革。熊本医学校で北里柴三郎らをおしえ,のち京都府療病院(現京都府立医大),大阪府病院(現阪大)につとめた。明治12年帰国。1912年10月17日死去。80歳。ユトレヒト陸軍軍医学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

マンスフェルト

没年:1912.10.17(1912.10.17)
生年:1832.2.28
幕末に来日し,明治前期まで医学教育に従事したオランダ海軍軍医,医学教師。ディメルメール生まれ。ユトレヒトで医学を学び,慶応2(1866)年来日。ボードインの後任として長崎精得館で解剖学,組織学,眼科学を講義。同館が長崎府医学校(長崎大)となるにさいし長与専斎と学制を改革。明治4(1871)年より熊本医学校(熊本大)に転じ,9年には京都府療病院(京都府立医大)教師となる。10年に大阪府立病院(大阪大)に転じ,12年帰国。ハーグの種痘局長となったが同地で没。リュウマチの持病があったが,欠勤せず,時間も正確な厳格な性格であった。<参考文献>石田純郎「メーエル,ヨング,マンスフェルトとエルメレンス」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンスフェルト
まんすふぇると
Constant George van Mansvelt
(1832―1912)

オランダ海軍軍医。1860年(万延1)来日。その後上海(シャンハイ)で病院経営にあたっていたが、長崎精得(せいとく)館(養生所を改称。のち長崎医学校)でのボードインの後任として、1866年(慶応2)長崎へきた。明治維新にあたり、荒廃した精得館の学制改革に長与専斎(ながよせんさい)とともに尽力した。1871年(明治4)熊本古城(ふるしろ)の治療所(のち熊本医学校)へ招かれ、新旧勢力の激突する熊本で、峻厳(しゅんげん)・精励の教師として知られた。そのときの学生に緒方正規(おがたまさのり)、浜田玄達(1855―1915)、北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)らがいる。いったん帰国したが、内務省衛生局長となっていた長与専斎の招きで再来日し、京都府療病院(1876~1877)、府立大阪医学校(1877~1879)へ勤務したが、京都ではドイツ語での教授を要求されるなど、時流の転変のなかで1879年、14年間の日本滞在を終えた。[神谷昭典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

マンスフェルト

生年月日:1832年2月28日
オランダの海軍軍医
1912年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

マンスフェルトの関連キーワードシュテファン ヘルムリーン含銅ケツ岩(含銅頁岩)ゴットフリート ベンマンスフェルト家ハプスブルク家アイスレーベンベテフチン鉱ライプツィヒヘルムリーン田中 正大近藤坦平ショイベピルゼン生年月日楠本イネ私生児石神亨半井澄銅鉱床ルター

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android