コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンチーニ マンチーニ Mancini, Pasquale Stanislao

2件 の用語解説(マンチーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンチーニ
マンチーニ
Mancini, Pasquale Stanislao

[生]1817.3.17. カステルバロニア
[没]1888.12.26. ナポリ
イタリアの政治家,法学者。国際法の権威で,トリノ大学教授をつとめ,イタリア統一運動にも活躍した。 1876~78年法相,81~85年外相となり,82年のドイツオーストリアとの三国同盟調印の当事者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マンチーニ【Pasquale Stanislao Mancini】

1817‐88
イタリアの法律家,政治家。カステル・バローニア出身。ナポリ大学で法学博士を取得後,母校で研究・教育をはじめ,かたわら弁護士活動にも従事,1848年にはナポリで議席を得たが革命に加わりトリノへ亡命,トリノ大学が彼のため用意した国際法の教授職に就く。〈国際法の基礎としての民族性(nazionalità)〉と題したその開講の辞(1851)は内外に絶大な反響を呼んだ。当時イタリアの分割支配をうかがっていたオーストリア,フランスに対してはイタリアの民族nazioneとしての独立を尊重すべきこと,また弱小な国家Statoの分立状態であった半島内部に対しては国家を超えた共通の民族性による統一と統合を果たすべきことを説得力ある弁舌で訴えたからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンチーニの関連キーワードカステルガンドルフォローエイシアイタリアン法律家カスタリアの泉カステリロマーニイタリア合奏団イタリア協奏曲バローロカステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンチーニの関連情報