コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミコアイサ Mergellus albellus; smew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミコアイサ
Mergellus albellus; smew

カモ目カモ科。全長約 42cm。かつてはアイサ属の一種だったが,今日では独立したミコアイサ属に分類されている,アイサの最小種。雄は全体に白っぽく,頭頸部,背,大雨覆,胸腹部は白色,眼先は黒色で,側頭部に黒色の斑がある。側胸部には 2本の黒色線,背の中央と両側にも黒色線がある。風切,尾羽は黒い。雌は頭上が褐色,顔から側頸部,雨覆は白色,胸腹部,背は灰色。ユーラシア大陸の高緯度地域一帯に広く繁殖分布し,日本では北海道の湖沼で少数が繁殖するほか,大陸から冬鳥(→渡り鳥)として少数が渡来する。ほかのアイサと同様,潜水しておもに小魚類をとる。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミコアイサ
みこあいさ
smew
[学]Mergus albellus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。ヨーロッパ、シベリアの北部で繁殖し、温帯で越冬する。全長42センチメートルと小形のアイサで、その数は多くない。日本では浅海や沼に渡来する。雄の成鳥は白色で、目から嘴(くちばし)、後頭、胸側などに黒帯がある。雄の幼鳥と雌は頭の上半部が褐色、下半部が白色で、体は灰褐色。食物は魚類を主とする。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミコアイサの言及

【アイサ(秋沙)】より

…海上よりも淡水の湖沼を好む。ミコアイサM.albellusは全長,雄は約44cm,雌は約38cm。ユーラシア大陸の亜寒帯以北で繁殖し,温帯地方で越冬する。…

※「ミコアイサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミコアイサの関連キーワード潜水カモ類黒田長久灰褐色秋沙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android