ミショー(英語表記)Henri Michaux

デジタル大辞泉 「ミショー」の意味・読み・例文・類語

ミショー(Henri Michaux)

[1899~1984]フランス詩人画家ベルギー生まれ。斬新な語法による幻想性のうちに、不安に満ちた内的世界を探究。また絵画では、アンフォルメル先駆者とされる。詩集ひだの中の人生」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ミショー」の意味・わかりやすい解説

ミショー
Henri Michaux
生没年:1899-1984

フランスの詩人,画家。ベルギーのナミュールに生まれ,ブリュッセルで育つ。1924年パリに出て,《かつての私》(1927),《わが領土》(1929),《プリュームという男》(1930),《夜動く》(1935)などの詩集で,主として散文詩形を用いて夢魔に憑(つ)かれた自己の内部の狂気幻覚の領域を探求する一方,南アメリカ,北アフリカ,アジアなど世界各地を旅行して,旅行記《エクアドル》(1929),《アジアにおける一野蛮人》(1933)を刊行する。第2次世界大戦中の41年にA.ジッドと出会い,彼の推賞に加えて,戦争中の魔法と呪文の世界とも言うべき特異な抵抗詩編により,戦後一躍有名になった。同時に,37年ころから本格的に描き始めていた絵が,記号やしみを思わせる不定形なイメージを自動記述的に描くところから,アンフォルメル絵画の先駆的作品として認められ,画家としても広く知られるようになった。《試練悪魔祓い》(1945),《襞(ひだ)の中の人生》(1949)などの詩集と並行して精力的に画業に励む。55年フランスに帰化。このころから麻薬メスカリンを試飲して意識の極限地帯への探検を行い,《みじめな奇跡》(1956),《荒れ騒ぐ無限》(1957)などの文字デッサンによる体験記録で評判になった。彼はシュルレアリスムの周辺に位置するが,その運動に加わったことはなく,独自の道を歩みつづけた。20世紀最大の詩人・画家の一人として,その評価は国際的にきわめて高い。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ミショー」の意味・わかりやすい解説

ミショー

フランスの詩人,画家。ベルギー生れ。水夫として世界各地へ渡航後,ロートレアモンの影響を受けて詩作を始め,《私は誰だったか》(1927年)以下の散文詩集で〈内的空間〉を探り続ける。かたわら絵にも才能を発揮。アンフォルメル絵画の先駆とされる。幻覚薬メスカリンを試飲して幻想と狂気を体験,デッサンを付して,《惨めな奇跡》(1956年),《荒れ騒ぐ無限》を刊行。他に《夜動く》(1935年),《試練・悪魔祓い》(1945年)。
→関連項目ペヨーテルトスワフスキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android