ミズキ科(読み)ミズキか(英語表記)Cornaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズキ科
ミズキか
Cornaceae

双子葉植物セリ目の1科。南北両半球の温帯域を中心に 12属約 100種が広く分布する。大部分は高木または低木,まれにゴゼンタチバナ (御前橘) のような草本状の種もある。葉は互生または対生し,全縁の単純葉で葉柄がある。花は小型で,多数が密に集って散形や散房状,ときに頭状の花序 (→散形花序 , 散房花序 , 頭状花序 ) をつくる。個々の花は4~5数性で小さな萼片と花弁を4,5枚ずつもち,同数のおしべと1本のめしべがある。めしべは完全な子房下位。ミズキ属には細花が頭状花序をつくり,それを包むように大型の総包片4枚を花弁のようにもつものがある (ヤマボウシ〈山法師〉ハナミズキ〈花水木〉など) 。果実は液果または核果ヤマボウシなどでは集合果となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズキ科
みずきか
[学]Cornaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木、低木、ときに草状の小低木。葉は単葉で、対生または互生する。花は集散花序または頭状花序をなし、両性または単性、四まれに五数性で放射相称である。雄しべは4本であるが、まれに3~5本のものもある。子房は下位で1~4室、各室に1個の胚珠(はいしゅ)が垂れ下がる。果実は核果状。温帯を中心に7属約100種あり、日本にはハナイカダ属、アオキ属、ミズキ属の3属7種が分布する。ミズキ属は、狭義のミズキ属、ヤマボウシ属、ゴゼンタチバナ属、サンシュユ属に細分される。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミズキ科の関連情報