コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズグモ ミズグモArgyroneta aquatica; water spider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズグモ
Argyroneta aquatica; water spider

クモ綱クモ目ナミハグモ科。体長 1.5cm。2次的に水中生活に移った種でタナグモに近い。体は一様に褐色で,気泡を歩脚や体毛につけて,水草の間に張った鐘状のへ運び込む。ヨーロッパに広く分布するが,日本では北海道,本州,九州の数ヵ所で採集記録がある。なお水中生活をするクモには海岸の岩のくぼみやサンゴ礁の間隙に営巣するウシオグモも含まれ,日本ではヤマトウシオグモ Desis japonicaが知られる。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミズグモ

蛛形(ちゅけい)綱ミズグモ科の1種。体長8〜15mm。背面は褐〜赤褐色で毛を生ずる。水生のクモとして知られ,水草の間にドーム状の巣を作る。水面から空気の玉を腹面につけて運び,巣を空気で満たして交尾産卵をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズグモ
みずぐも / 水蜘蛛
water spider
[学]Argyroneta aquatica

節足動物門クモ形綱真正クモ目ミズグモ科に属するクモ。水中生活性の唯一のクモであるが、体制がタナグモ類に似ており、二次的に水中に入り込んだものと思われる。水草の間に目の細かい棚網を張り、水面から体や脚(あし)の毛によって空気を水中に運び網の下に放して鐘状の空気の部屋をつくる。この中で摂食、脱皮、交尾などが行われる。体長8~15ミリ、褐色で特別な斑紋(はんもん)もなく目だった外見上の特徴もない。歩脚に長毛を密生することが空気を運ぶための適応である。
 ヨーロッパからシベリア、中国の温帯地方に分布するが、日本では北海道の釧路(くしろ)、青森県、京都府、大分県、鹿児島県の高層湿原で発見されているが、さらに調査が進むと、ほかの地方からもみいだされるであろう。
 ミズグモに近縁のウシオグモ科のウシオグモは、太平洋沿岸の岩石海岸やサンゴ礁海岸の干潮線付近にすむ。
 なお、コモリグモやハシリグモ類がときに水中に潜ることがあるので、しばしばミズグモと間違えられるが、ミズグモは小川や普通の池にはいない。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミズグモの関連キーワードミズグモ(水蜘蛛)ハシリグモ水蜘蛛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android