コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズダニ

2件 の用語解説(ミズダニの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミズダニ

蛛形(ちゅけい)綱前気門類の中で,水中生活をするダニ類の総称。多数の科を含む。いずれも小型種ばかりで体長2mm以内,球状または円盤状。池,沼,川,海などにすみ,一般に幼虫は水生昆虫や甲殻類に寄生,若虫や成虫は自由生活をし,他の水中生物を捕食する。
→関連項目ダニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズダニ
みずだに / 水
water mite

節足動物門クモ形綱ダニ目前気門亜目Hydrachnellaeのうち水生の種類の総称。七上科、44科を含み、世界で約3000種、日本からは約300種が知られている。湖沼、河川、渓流、湧泉(ゆうせん)、地下水、海など幅広い水域に生息する。また、淡水産二枚貝やタニシの外套腔(がいとうこう)内にすむ種類もある。体は卵形、楕円(だえん)形のものが多く、まれにウジムシ形の種類もある。体の大きさは0.5~1.5ミリのものが多いが、小さいものは0.3ミリ、大きいものは5ミリに及ぶ種類もある。体色は、黄、茶、褐、赤、橙(だいだい)、緑、青などの美しい種類が多いが、地下水性ミズダニ類はほぼ無色である。海産種はおもに赤色である。
 肉食性で、ミジンコ、カイミジンコ、ユスリカの幼虫などを食う。湖沼性の種類は、水草につかまっているもの、泳ぐもの、水底の泥土上をはうものなどがある。川や渓流の種類は流水中の石面に張り付いている。海産種は、磯(いそ)の海藻につかまったり、石や死んだ貝の殻についたり、またプランクトンとして浮遊しているものもある。淡水産貝類寄生のものは、その外套腔内にすみ、体壁や外套膜の粘液を吸収する。
 発生過程は、卵から6本脚(あし)の幼虫、8本脚の若虫を経て成虫(親)になる。若虫と成虫は自由生活で微小動物を捕食するが、幼虫はカ、ユスリカ、ブユ、ヌカカ、カワゲラ、トビケラ、コオイムシ、アメンボ、ミズカマキリ、コミズムシ、ゲンゴロウなどの成虫に寄生する。地下水性種の生活史は未詳である。ヒトや家畜、魚類に加害するものはない。[今村泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズダニの関連キーワード座頭虫綬鶏水中花水中眼鏡中生中生界蛛形類吐綬鶏線形虫寿桂

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone