コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズナギドリ ミズナギドリProcellariidae; petrels, shearwaters

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズナギドリ
Procellariidae; petrels, shearwaters

ミズナギドリ目ミズナギドリ科の鳥の総称。全世界の海洋に分布する代表的な外洋性の海鳥で,約 90種からなる。全長 30~50cm。羽色はどの種も地味で,全体が黒褐色のもの,上面が黒褐色で胸腹部や下面が白か淡褐色のもの,上面が灰色で下面が白色のものなどがある。の先はかぎ状で,鼻孔は上嘴の上に管状に開口している。翼はやや長く,趾(あしゆび)には蹼(みずかき)がある。熱帯の海域と南半球の島々に集団繁殖する種が多いが,どの種も繁殖期にのみ上陸して地面に穴を掘って 1卵を産み,繁殖期が終わると外洋生活に戻って陸地には近寄らない。飛翔力に優れ,外洋上を飛び回り,海面やその付近で魚などをとる種と,飛び込んでから魚などを追いかけ,深く潜水してとる種がある。ハイイロミズナギドリは潜水記録が 67mに及ぶ。獲物が群れているところには鳥も群れるため,魚群発見の目安にされている。日本近海ではオオミズナギドリオナガミズナギドリ Puffinus pacificusシロハラミズナギドリなどが繁殖している。このほか春秋季には渡りの途中のハイイロミズナギドリ,ハシボソミズナギドリアカアシミズナギドリ P. carneipes などが近海で観察される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミズナギドリ

ミズナギドリ科の鳥の総称。翼長25〜33cmで体の上面が灰黒色,下面が白色のものが多い。くちばしの先端は鉤(かぎ)状。ミズナギドリ科は日本ではオオミズナギドリなど18種が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズナギドリ
みずなぎどり / 水薙鳥
shearwater

鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科に属する海鳥の総称。この科Procellariidaeの仲間はすべて外洋性であるが、体の大きさや羽色、嘴(くちばし)の形や餌(えさ)のとり方、繁殖期や渡りの様式と時季などは、種によって異なる。これは、相対的に一様で安定した海洋環境を、さまざまに利用するように進化したためと思われる。しかし、上嘴に開く管鼻と先端が鉤(かぎ)状に曲がった嘴、海面近くを羽ばたきとグライダー式とを混ぜて前進する飛翔(ひしょう)法は、このグループに共通している。また、洋上の島に大きな集団をつくって、岩の割れ目や穴、土中に掘った横穴などに営巣し、1腹ただ1卵を産み、長い期間をかけて養育する繁殖様式についても共通なだけでなく、巣立ち後数年で初めて繁殖し、成鳥の生残率が非常に高く、したがって長く生きるといった生活史の特徴も、全体に共通する。ミズナギドリ科は、次のように大きく四つのグループに分けられる。
(1)フルマカモメ類 体が太めで、頑丈そうな太くて短い嘴をもつグループで、全長は約29~87センチメートルである。南極周辺海域で繁殖するオオフルマカモメ属Macronectesは、アホウドリほどの大きさで、翼開張は2メートル以上になる。両極に繁殖分布するフルマカモメ属Fulmarus、南極周辺海域に分布するナンキョクフルマカモメThalassoica antarcticaやマダラフルマカモメDaption capense、ユキドリPagodroma niveaなどの中形種も、このグループに含められる。これらは海の表層で魚類やイカ、大形プランクトンをとらえるが、大形種はとくに漁業廃棄物をよく利用する。
(2)クジラドリ類 南極海に分布し、嘴の形態がお互いにすこしずつ違う6種からなる中形のグループで、全長は約26~27センチメートルである。嘴は基部に向かって扁平(へんぺい)になり、両縁は櫛(くし)状になっていて、頭を水の中に入れ、広い嘴で動物プランクトンを受けて漉(こ)し取って食べる。ヒゲクジラ類と同じオキアミ類を食べるので、クジラといっしょにみられることが多く、この名前がついたともいう。
(3)シロハラミズナギドリ類 全長約26~46センチメートルと中形のグループで、体はいくぶん太めで、翼は長く、尾は短く、黒い嘴は太くて短いという形態的特徴をもつ。非常に近縁のシロハラミズナギドリ属Pterodromaとアナドリ属Bulweriaの25種内外が含められる。シロハラミズナギドリ属のものは、おもに南半球の熱帯・亜熱帯の限られた島で繁殖する。なかには北太平洋に渡って越冬する種もある。日本近海でまれにみられるカワリシロハラミズナギドリP. neglecta、オオシロハラミズナギドリP. externa、ヒメシロハラミズナギドリP. longirostrisは、すべてこうした渡りをする種である。これらのほかに、ハジロミズナギドリP. solandriやマダラシロハラミズナギドリP. inexpectataが本州東方海上で観察される。日本ではシロハラミズナギドリP. hypoleucaが小笠原(おがさわら)諸島で繁殖する。このグループは魚類やイカ、動物プランクトンを海面からつまみあげて食べる。海がある程度荒れているときに採餌(さいじ)する。
(4)ミズナギドリ類 この科の仲間ではもっとも飛翔力のあるグループで、細く長い翼をもち、全長約27~55センチメートル、体は細く、嘴も細く長い。なかでも高度に飛翔適応したのはオオミズナギドリ属Calonectrisで、日本近海特産のオオミズナギドリC. leucomelas、大西洋東部と地中海のオニミズナギドリC. diomedeaの2種が知られる。全身が黒褐色で嘴が太いクロミズナギドリ属Procellariaは南半球の冷海域で繁殖する。ミズナギドリ属Puffinusは16種を含み、日本では、小笠原諸島でオナガミズナギドリP. pacificus、セグロミズナギドリP. lherminieriが繁殖する。また、南半球からアカアシミズナギドリP. carneipes、ハイイロミズナギドリP. griseus、ハシボソミズナギドリP. tenuirostrisが初夏に日本の近海に渡来する。コミズナギドリP. nativitatisはまれな記録があるのみである。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミズナギドリの関連キーワードPuffinus pacificusミズナギドリ(水凪鳥)マダラフルマカモメセグロミズナギドリフルマ鴎・フルマ鷗オオフルマカモメ青足白腹水薙鳥羽黒白腹水薙鳥フルマカモメ大白腹水薙鳥姫白腹水薙鳥灰色水薙鳥顎白水薙鳥脇筋水薙鳥嘴細水薙鳥赤足水薙鳥背黒水薙鳥白腹水薙鳥頭黒水薙鳥尾長水薙鳥

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミズナギドリの関連情報