コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキ(水引) ミズヒキAntenoron filiforme(Polygonum filiforme); knotweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヒキ(水引)
ミズヒキ
Antenoron filiforme(Polygonum filiforme); knotweed

タデ科の多年草。日本全土,東アジア,ヒマラヤに広く分布する。山地,林の縁辺,藪などに普通に生える。茎の高さは 40~80cm,あらい毛が多く生える。葉は短柄があり,楕円形で先がとがる。葉の基部葉鞘と呼ばれる褐色で薄い膜質の筒があり,その縁は裂けて粗毛となる。葉の中央部に暗紫色の大きな斑紋が入る特徴がある。花は8~10月に枝に穂状につき,まばらで短柄がある。花被は帯紅色または白色で4裂し,花弁はない。痩果は卵形宿存萼に包まれる。花が白色のものや紅白が混っているものなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミズヒキ(水引)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android