コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズーリ協定 ミズーリきょうてい

3件 の用語解説(ミズーリ協定の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミズーリ協定【ミズーリきょうてい】

1820年,米国でミズーリを州にする際,そこに奴隷制を認めるか否かをめぐり,連邦議会で北部と南部の議員が対立し,その収拾策として成立した協定。ミズーリを奴隷州として認める代りに,北緯36°30′以北のルイジアナ購入地では奴隷制を禁止することにした。
→関連項目奴隷廃止運動ドレッド・スコット事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミズーリきょうてい【ミズーリ協定 Missouri Compromise】

アメリカで1820年,ミズーリ準州の連邦加入に際し,奴隷制の存廃をめぐって行われた南部と北部の政治的な妥協。その結果,ミズーリを除くルイジアナ購入地域の北緯36゜30′以北で奴隷制が禁じられた。フランスの統治時代から奴隷制が存続していたミズーリ準州が州への昇格を申請し,1819年連邦下院でミズーリに州憲法制定を認める法案が報告されたとき,J.タルミッジ議員が修正案を提案し,今後ミズーリに奴隷を連れ込むことを禁じ,既存の奴隷の子は25歳になればすべて自由となる,とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズーリ協定
みずーりきょうてい

1819~21年に、アメリカ合衆国でミズーリの連邦加入の際、奴隷制度をめぐって南部と北部の間に成立した協定。1803年の「ルイジアナ購入」によって得られた土地の一部分であったミズーリには、フランス領時代から奴隷制度が存在していた。当時奴隷州と自由州は同数であったが、連邦議会上院では南部、下院では北部が優勢であった。そこで下院は、19年2月ミズーリの連邦加入について、同地域の奴隷制度の漸進的廃止を条件とするニューヨーク出身のJ・タルマッジの修正案を可決したが、上院はこれを否決した。その後奴隷制度をめぐる激しい論争を経て、結局、当時マサチューセッツ州から分離して連邦加入を申請していたメーンを自由州とし、これに、ミズーリは奴隷州として認めるが、同州を除いて今後ルイジアナ購入の残りの部分では、北緯36度30分以北に奴隷州をつくらないというイリノイのJ・B・トーマスの修正案を加えることにより、20年3月に南北の妥協が成立した。
 この後、ミズーリが起草した州憲法中の、自由黒人の州内移入を禁ずる条項が連邦議会で問題となった。しかし翌年ふたたび妥協が行われ、ミズーリは、合衆国市民の権利を奪うような条項を州憲法中に設けないことを条件に、ようやく連邦に編入された。こうして南北の対立は一時的に鎮静し、メキシコ戦争のころまで奴隷州と自由州の均衡が保たれたが、「一八五〇年の妥協」を経て、54年のカンザス・ネブラスカ法で、住民主権の原則の導入によって、北緯36度30分以北に位置するカンザスが奴隷州になる可能性が生まれたことで、ミズーリ協定は無効となった。[竹本友子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズーリ協定の関連キーワード北アメリカミズーリミズーリ川アーリーアメリカンアメリカ杉アメリカンアーリーアメリカンスタイルアメリカ梯姑ミズーリ号ミズーリ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone