コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミセバヤ Hylotelephium sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミセバヤ
Hylotelephium sieboldii

ベンケイソウ科の多年草。タマノオともいう。古くから観賞用として庭園や盆栽に栽培され,小豆島に自生するとも本州北部が原産地だともいわれている。茎は根もとから分枝し,長さ 30cmに達する。葉は3枚輪生し,白粉を帯びた緑色で肉質,扇状円形で柄はない。 10~11月に,やや小型で短い柄がある淡紅色の花が多数球状に集ってつく。萼,花弁とも5枚で,おしべ 10本は5本ずつ2輪に並ぶ。近縁の種が北海道,東北,北陸などの狭い地域にそれぞれ固有種として分化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミセバヤ

ベンケイソウ科の多年草。ふつう鉢植で観賞されるが,小豆島には自生品がある。全株粉白色を帯び,茎は斜上するか下垂し,長さ20〜30cm,まるい多肉質の葉が3枚ずつ輪生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミセバヤ【October daphne】

ベンケイソウ科マンネングサ属Sedumの多年生多肉植物で,同属中最も均整のとれた美しい種類である。野生品は小豆島のみで知られる。茎は十分大きくなると,しだれて長さ10~40cmになる。葉は3輪生し,やや扇形で長さ約2.5cm,数個の鋸歯をもつ。山草類では珍しく花期が遅く,10~11月に咲く。茎の先端に赤桃色の花を球状に密生する。近縁種には青森,秋田の山地に生え,大型で葉がやや薄く,花が白色のツガルミセバヤS.tsugaruense Hara,北海道の日高・十勝地方に分布し,葉が対生で,地下に走出枝を持ち,9月に開花して,花序がやや半球状で赤桃色のヒダカミセバヤS.cauticolum Praeger,同じく赤桃色の花を咲かせ,北海道とサハリンに産し,冬も地上茎が残り,葉は披針形~卵円形で鋸歯のないカラフトミセバヤS.pluricaule Kudoがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミセバヤ
みせばや
[学]Sedum sieboldii Sweet

ベンケイソウ科の多年草。日本の原産で小豆島(しょうどしま)に自生もするが、普通は観賞用として鉢植えにして栽培されている。茎は根茎から叢生(そうせい)し、成長すると垂下し、紅色を帯びる。長さ約20センチメートルで、ほとんど分枝しない。葉は多肉質、扇形で、3枚が輪生する。縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)があり長さ約2センチメートルで、粉白を帯びた緑色である。10~11月、茎頂に淡紅色の小花を球状に多数密集してつける。花は萼片(がくへん)、花弁ともに5枚で、雄しべは10本。葉に黄色い斑(ふ)の入るものがある。また、近縁のヒダカミセバヤは北海道に自生し、茎はやや直立し、葉は対生する。
 栽培は容易で、腐葉土を入れた排水のよい土を用い、十分日に当てる。繁殖は株分けによるが、挿芽もできる。[松岡清久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミセバヤの言及

【セダム】より

…【湯浅 浩史】。。…

【セダム】より

ベンケイソウ亜属は通常越冬茎を欠き,心皮は合着しない。10~11月に花が咲くミセバヤS.sieboldii Sweetや8~9月に花が咲くオオベンケイソウS.spectabile Boreauなど,花がピンク系で美しい種が多い。キリンソウ亜属は集散花序で,花は普通黄色,心皮は合着しない。…

※「ミセバヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミセバヤの関連キーワードベンケイソウ科見せばや草弁慶草科玉の緒根無草鋸歯葉序玉緒玉廉珠廉

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミセバヤの関連情報