コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾソバ(溝蕎麦) ミゾソバ Persicaria thunbergii(Polygonum thunbergii)

1件 の用語解説(ミゾソバ(溝蕎麦)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾソバ(溝蕎麦)
ミゾソバ
Persicaria thunbergii(Polygonum thunbergii)

タデ科の一年草。朝鮮半島,中国,ウスリーなどアジア東部の温帯に広く分布する。日本では各地の溝の縁や水辺に群生する。茎は地面をはって斜上する。高さ 30~50cmになり,縦に稜がある。茎や葉の下面に逆向きの小さなとげがまばらに生え,葉は互生して三角形で基部がほこ形をする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾソバ(溝蕎麦)の関連キーワードタデ(蓼)朝鮮半島御蓼ぼんとく蓼柳蓼大犬蓼大毛蓼早苗蓼花蓼春蓼

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone