コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツオシエ ミツオシエ Indicatoridae; honeyguides

2件 の用語解説(ミツオシエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツオシエ
ミツオシエ
Indicatoridae; honeyguides

キツツキ目ミツオシエ科の鳥の総称。全長 12~20cm。17種からなり,15種はアフリカに,2種はアジアに分布する。羽色は褐色,オリーブ色,黄色などで,一部に赤色部分のある種もいる。は基部が硬くてがっちりしており,趾(あしゆび)は前後に 2本ずつ向いた対趾足をなし,強い爪をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツオシエ
みつおしえ / 蜜教
honeyguide

鳥綱キツツキ目ミツオシエ科に属する鳥の総称。この科Indicatoridaeの仲間は、アフリカに13種、南アジアに2種、計15種がある。全長10~20センチメートルのじみな羽色をした普通の小鳥(足はキツツキと同じ対趾(たいし)足)であるが、次の三つの特異な点で知られる。ただしそれが確実に知られているのはアフリカ産の2、3種にすぎず、主として研究されてきたのはノドグロミツオシエIndicator indicatorについてである。一つ目は、ハチの巣の蜜蝋(みつろう)やカイガラムシの蝋を好んで食べることで、このような蝋は普通の鳥には消化できないが、ミツオシエは腸内の共生細菌の助けによって消化吸収するものと思われる。またこの鳥は、ハチの幼虫をも主食としている。二つ目はラーテル(ミツアナグマ)や現地人に向かって、鳴いたり特別な動作をして注意をひきつけ、野生ミツバチの巣に案内することで(ミツオシエの名はそれに由来する)、ミツアナグマや人がハチの巣を壊して蜂蜜(はちみつ)をとるのを待って、幼虫や巣の蜜蝋を食べる。三つ目はその繁殖習性で、カッコウのような托卵(たくらん)性をもち、おもに樹洞営巣性のキツツキやゴシキドリの巣に托卵するが、孵化(ふか)した雛(ひな)は鋭く曲がった嘴(くちばし)をもち、それで仮親の卵や雛を殺すといわれている。また、少なくとも一種では、数羽の雄が一つのさえずり場所を共有して、そこを訪れる雌と乱婚的に交尾すると報告されている。さらに別の種では、雄はミツバチの巣を中心とした縄張り(テリトリー)をもつといわれる。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミツオシエの関連キーワード大嘴鰹鳥啄木鳥五色鳥蜜教蜜吸キツツキ(啄木鳥)キリハシ(錐嘴)ケラ(啄木鳥)ミツオシエ(蜜教)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone