コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバアケビ ミツバアケビ Akebia trifoliata

3件 の用語解説(ミツバアケビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバアケビ
ミツバアケビ
Akebia trifoliata

アケビ科のつる性落葉木本。北海道,本州,四国,九州および中国大陸に分布し,山野に普通に生える。アケビによく似ているが,花は濃紫色で,葉は縁に鋸歯のある広卵形の小葉3枚から成る複葉であることで区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツバアケビ
みつばあけび / 三葉木通・三葉通草
[学]Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz.

アケビ科の落葉性藤本(とうほん)(つる植物)。葉は互生し、3小葉からなる掌状複葉。小葉の縁(へり)は波状。托葉(たくよう)はない。花序は総状で垂れ下がり、基部に大形の雌花を1~3個、先端寄りに小形の雄花を多数開く。花被(かひ)は3枚で暗紫色。雄花には6本の肉質の雄しべと退化した心皮があり、雌花は仮雄蕊(かゆうずい)と6~9枚の心皮がある。果実はアケビに似ており、熟すと開き、中に黒色の種子が多数ある。名は、3小葉からなるアケビの意味である。北海道から九州、および中国大陸に分布する。果肉は甘く、食用となる。また、つるで籠(かご)などの編物をつくり、あけび細工として知られている。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミツバアケビの言及

【アケビ】より

…若葉を塩漬にして食べる地方もある。 日本にはほかに,小葉が3枚のミツバアケビA.trifoliata,およびアケビとミツバアケビの中間的な形質をもつゴヨウアケビA.pentaphyllaが分布している。ミツバアケビのつるは,籠や玩具細工の材料となる。…

※「ミツバアケビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツバアケビの関連キーワードアケビ科郁子三葉木通落葉木通草エビヅルツルアジサイムベモッコウバラクロタキカズラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone