コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバツツジ

3件 の用語解説(ミツバツツジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミツバツツジ

ツツジ科の落葉低木。関東,東海地方の山地にはえる。高さ2〜4m,芽は鱗片に包まれ,粘質となる。葉は3枚,枝先につき,広卵形で上面には腺状の突起があり,下面は白色を帯び,葉脈が著しい。
→関連項目ツツジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミツバツツジ

ツツジ科の落葉低木。日光などにも自生するトウゴクミツバツツジの近縁種で、3月下旬から4月にかけて赤紫色の花を付ける。近畿から関東の太平洋側の山間地に生育。足利市小俣町が日本の北限で、県内で唯一の自生地として県天然記念物となった。

(2008-09-25 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツバツツジ
みつばつつじ / 三葉躑躅
[学]Rhododendron dilatatum Miq.

ツツジ科の落葉低木。高さ2~3メートル。葉は枝先に3枚が輪生状につき、菱形(ひしがた)状広卵形で長さ4~7センチメートル、先は短くとがり、初め毛があるが、のちにほとんど無毛になる。4月、葉に先だって、枝先に紅紫色花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状で深く5裂し、径3~4センチメートル、裂片は楕円(だえん)形で平開する。雄しべは5本。ほかのミツバツツジ類はほとんど10本あるので、区別しやすい。花糸と花柱に毛がなく、子房に粒状の腺(せん)がある。(さくか)は卵状円柱形で長さ約9ミリメートル、褐色に熟す。低山地の日当りのよい、やや乾燥した所に生え、関東地方から東海地方、滋賀県まで分布する。春早く開花するので、庭木や切り花として観賞する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミツバツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

… ツツジ亜属は大きく3群に大別される。第1群は花芽と葉芽との区別がなく,一つの芽の中から若葉と花が出てくるもので,ヤマツツジ節とミツバツツジ節とがある。前者の葉は半常緑性で,多くは枝にまばらにつき,春に伸びて冬に落ちる春葉と,秋に伸びて冬を越す秋葉とがある。…

※「ミツバツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツバツツジの関連キーワード三葉躑躅米躑躅五葉躑躅小瓔珞躑躅東国三葉躑躅灯台躑躅梅花躑躅穂躑躅八潮躑躅瓔珞躑躅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミツバツツジの関連情報