コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヒラーケトン Michler’s ketone

世界大百科事典 第2版の解説

ミヒラーケトン【Michler’s ketone】

4,4’‐ビス(ジメチルアミノ)ベンゾフェノンの別名。融点179℃,沸点360℃以上(わずかに分解),板状結晶。ジメチルアニリンとホスゲンを塩化亜鉛の存在で反応させ合成する。(化学式) クリスタルバイオレット,オーラミンなどの染料合成に用いられる。またグリニャール試薬,アルキルリチウムなどの有機金属試薬の定性分析に使われる(ギルマンテスト)。ベンゾフェノンと同様,アルカリ金属の作用により暗青色のラジカルを生成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヒラーケトン
みひらーけとん
Michler's ketone

芳香族ケトンの一つ。4,4'-ビス(ジメチルアミノ)ベンゾフェノンともよばれる。染料を合成する際の中間体として重要な化合物。ドイツのミヒラーWilhelm Traugott Michler(1846―1889)が発見したのでこの名がある。
 薄板状の結晶で、水やエーテルには溶けないが、エタノール(エチルアルコール)にはよく溶ける。トリフェニルメタン系染料の合成中間体としてしばしば用いられ、マラカイトグリーン、メチルバイオレットなどの染料や感熱紙用色素のクリスタルバイオレットラクトンはいずれもミヒラーケトンから合成されている()。グリニャール試薬などの定性分析用試薬としての用途もある。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヒラーケトンの関連キーワードミヒラーケトン(データノート)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android