コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュルーズ ミュルーズ Mulhouse

5件 の用語解説(ミュルーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュルーズ
ミュルーズ
Mulhouse

ドイツ語ではミュールハウゼン Mülhausen。フランス東部,アルザス地方南部,オーラン県の商工業都市ドイツスイスの国境に近く,ライン川ローヌ川を結ぶローヌライン運河が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミュルーズ(Mulhouse)

フランス東部、オー‐ラン県、アルザス地方南部の工業都市。同県の副県都。19世紀に繊維工業で発展。道路、鉄道の要衝であり、現在は機械工業自動車工業が盛ん。国立自動車博物館、フランス鉄道博物館などがある。ドイツ語ミュルハウゼン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミュルーズ

フランス東部,アルザス地方,オラン県の都市。ドイツ国境に近い。ドイツ名ミュールハウゼン。18世紀以来繊維工業で知られ,機械・化学・電機工業なども行われる。付近にフランス最大のカリウム鉱山がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミュルーズ【Mulhouse】

フランス東部,アルザス地方南部オー・ラン県の重要な工業都市。人口11万(1990)。イル川とローヌ・ライン運河沿いにあり,スイス,ドイツの高速道路網と連絡し,鉄道の要衝である。18世紀ヨーロッパで最初に紡績業が行われた所であるが,現在,繊維工業は衰微し,機械,自動車,カリ塩(市北西郊)を中心とした化学工業が発展している。第3次産業(とくに商業)も盛んで,大学も創設され,ルネサンス期の市役所(現,歴史博物館),美術館,フランス鉄道博物館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュルーズ
みゅるーず
Mulhouse

フランス東部、オー・ラン県の副県都。ドイツ語名ミュールハウゼンMlhausen。ストラスブールの南110キロメートル、スイスのバーゼル北西33キロメートル、イル川およびローヌ・ライン運河沿いに位置する。人口11万0359、都市圏人口23万4445(1999)。アルザス南部の重要な工業都市で、繊維工業は衰微したが、機械、自動車などの工業が盛ん。北西郊にカリ塩を産する。バーゼル、フライブルクと共有の国際空港(ユーロ・エアポート)をサン・ルイにもち、スイス、ドイツの高速道路網と連絡し、鉄道の要衝でもある。またローヌ・ライン運河により、両河川間の連絡が整備されたことが市の発展に有利に働いた。商業をはじめとする第三次産業も盛んで、これには大学の新設(1975)が寄与している。16世紀、ルネサンス様式の市役所(現歴史博物館)が残り、美術館、フランス鉄道博物館、動物園、植物園がある。14世紀に自由都市となり、1515~1798年スイス連邦の一員となったが、その後フランス領に編入。19世紀には綿工業が発展した。19世紀中ごろから計画的に建設された労働者街もある。1871~1918年の間は他のアルザス各地と同様、ドイツに併合されていた。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュルーズの関連キーワードアルザスアルザスロレーヌオークニクスブール城ムンスターリクビルリボービレピノブランミュスカアルザス・ロレーヌ問題アルザス風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュルーズの関連情報