コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーゼス Mises, Ludwig Edler von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーゼス
Mises, Ludwig Edler von

[生]1881.9.29. レンベルク
[没]1973.10.10. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカの経済学者。新オーストリア学派の先駆者とされる。ウィーン大学卒業後,母校の教授をつとめるかたわら,1909~34年ウィーン商工会議所経済顧問。 34~40年ジュネーブの高等国際研究総合研究所教授,40年アメリカへ渡り,45年ニューヨーク大学客員教授,46年アメリカに帰化。ニューヨーク大学ではゼミナールを主宰し,アメリカにおけるネオ・オーストリアンの育成に大きく貢献した。モンペルラン・ソサエティーの有力会員の一人。貨幣の基本的役割を交換手段としてとらえるとともに,歴史的には金の素材としての交換価値が受継がれてきたものと考え,限界効用学説の立場から独自の貨幣論を展開。また銀行の恣意的な信用創造が景気循環の原因と考え,景気循環をなくすために金本位制の採用を強く主張した。徹底した自由主義者で,自由な市場経済のメカニズムを欠くとして社会主義経済に強く反対した。主著『貨幣及び流通手段の理論』 Theorie des Geldes und der Umlaufsmittel (1912) は,当時の学会の中心テーマである貨幣的経済理論をオーストリア学派の観点から展開したもの。他に『共同経済』 Die Gemeinwirtschaft: Untersuchungen über den Sozialismus (22) ,『人間行為論』 Human Action: a Treatise on Economics (49) など著書多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミーゼス

オーストリア生れの経済学者。ウィーン大学,メキシコ国立大学教授などを経て1946年米国に帰化,ニューヨーク大学教授。オーストリア学派に属し,貨幣は金の価値の代用であることを限界効用学説の立場から解明し,銀行の恣意(しい)的な信用創造が景気変動を生むとした(《貨幣と信用の理論》1912年)。

ミーゼス

オーストリアの数学者,物理学者。1920年ベルリン大学教授,1933年ナチス政権樹立とともに亡命,1939年ハーバード大学教授。応用数学確率論を研究,経験的確率論を展開,航空流体力学機械工学にも業績がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミーゼス【Ludwig Edler von Mises】

1881‐1973
オーストリアの経済学者,社会哲学者。オーストリア・ハンガリー帝国のレンベルクに生まれる。ウィーン大学でE.vonベーム・バウェルクやフィリポウィッチEugen Philippovich von Philippsberg(1857‐1917)のもとで経済学を学ぶ。ミーゼスの名がはじめて経済学界に知れわたったのは,《貨幣と信用の理論》(1912)によってであった。これはオーストリア学派の限界理論に欠けていた貨幣・信用問題と投資行動との関係に注目しながら,景気変動を論じた独創的な著作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミーゼス【Ludwig Edler von Mises】

1881~1973) オーストリア生まれの経済学者。貨幣理論と景気変動を統合する貨幣的景気循環論を展開し、ハイエクに影響を与えた。アメリカに帰化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミーゼス
みーぜす
Ludwig Edler von Mises
(1881―1973)

オーストリア出身の経済学者。ウィーン大学を卒業して、同大学教授、ジュネーブの高等国際研究所教授を経て渡米し、全国経済調査会研究員、ニューヨーク大学客員教授などを歴任した。1947年にアメリカに帰化。その初期の貨幣理論では、オーストリア学派の流れをくみ、貨幣を一般的交換手段としてとらえ、さらにK・ウィクセルなどの影響から、銀行の信用創造による自然利子率と貨幣利子率の背離が景気変動をもたらすという貨幣的景気論を展開し、銀行の恣意(しい)的な信用創造を排して貨幣価値を安定するために、金本位制をとるべきことを主張した。思想的には自由主義を信奉し、私有財産制と、価格が合理的な経済計算の基礎になる市場機構とを通じてのみ、経済の合理的な運営が可能になるとし、恣意的な経済統制に基づく社会主義は、そのような価格機構による合理性をもたないために不可能であると論じたことでも知られている。また、内省的な人間行為に基礎を置く市場過程の分析は、新オーストリア学派の先駆的な業績として高く評価されている。おもな著書には、『貨幣および流通手段の理論』Theorie des Geldes und der Umlaufsmittel(1912)、『共同経済――社会主義研究』Die Gemeinwirtschaft : Untersuchungen ber den Sozialismus(1922)、『人間行為論』Human Action : A Treatise on Economics(1949)などがある。[志田 明]
『東米雄訳『貨幣及び流通手段の理論』(1980・日本経済評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ミーゼス

生年月日:1881年9月29日
アメリカの経済学者
1973年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のミーゼスの言及

【計画経済】より

…どちらの体制がより効率的であろうか。1920年にL.ミーゼスは,社会主義においては価格メカニズムが作用せず財の合理的配分が妨げられるので,それは資本主義に劣るだけでなく,そもそも運営不可能な経済システムであると主張した。この主張およびその修正版をめぐって,それを支持するL.ロビンズ,F.A.ハイエクらと批判するO.ランゲ,A.P.ラーナーらとの間で,激しい論争が展開された。…

※「ミーゼス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミーゼスの関連キーワードシュッツ(Alfred Schutz)ミーゼス‐ヘンキーの降伏条件新自由主義[経済思想]経済学の本質と意義ミーゼスの降伏条件比較経済体制論貨幣的景気理論経済計算論争論理実証主義経済学方法論ウィーン学派モールの理論マハループ4月19日景気循環論価格と生産バローネハイエク生年月日レプケ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミーゼスの関連情報