コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクドリモドキ(椋鳥擬) ムクドリモドキicterid

世界大百科事典 第2版の解説

ムクドリモドキ【ムクドリモドキ(椋鳥擬) icterid】

スズメ目ムクドリモドキ科Icteridaeの鳥の総称。この科は約25属91種からなる。新世界の特産で,アラスカから南アメリカ南端まで分布しているが,大部分の種は熱帯・亜熱帯アメリカに生息している。北アメリカで繁殖する種の多くは渡り鳥で,冬季中央・南アメリカで越冬する。全長17~55cm。小型のものはホオジロ大の小鳥だが,大型の種はカラスほどの大きさがある。くちばしはやや細長い円錐形で,じょうぶで先がとがっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android