ムコ多糖(読み)むこたとう(英語表記)mucopolysaccharide

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムコ多糖」の解説

ムコ多糖
むこたとう
mucopolysaccharide

糖のヒドロキシ基がアミノ基で置換された構造をもつアミノ糖グルコサミンガラクトサミンなどのヘキソサミン)を有する多糖総称であり、グリコサミノグリカンとよばれることが多い。その多くはウロン酸硫酸などの酸性基をもち、これらは酸性ムコ多糖とよばれる。ムコ多糖は、その糖鎖が繰り返し構造をもち、重合度が約40以上で比較的長く伸び、きわめて親水性に富むのが特徴である。代表的なものとして、軟骨の主成分であるコンドロイチン硫酸をはじめ、皮膚の結合組織中や臍帯(さいたい)(へその緒)、目の硝子体(しょうしたい)などに含まれるヒアルロン酸、血液凝固阻止物質のヘパリンのほか、ムコ多糖症に関与するデルマタン硫酸コンドロイチン硫酸B)、ヘパラン硫酸(動物細胞にあり、タンパク質と相互作用を示す)、ケラタン硫酸(角膜や軟骨などに存在)などが知られる。

[村松 喬]

 なお、ムコ多糖症はきわめてまれであるが重篤な遺伝性疾患で、ムコ多糖の代謝をつかさどる酵素が先天的に欠損している先天性代謝異常をいう。ハーラーHurler症候群(ムコ多糖症のうちもっとも典型的な疾患であり、乳児期から強い身体奇形・知能障害がある。視力障害なども伴う)やハンターHunter症候群(骨格障害などハーラー症候群に類似するが、角膜混濁はない)などが含まれる。

[山口規容子]

『安元健編『水産学シリーズ79 海洋微生物の生物活性物質』(1990・恒星社厚生閣)』『石井淳監修、片山茂裕・河津捷二編『イラスト 内分泌・代謝内科』(2002・文光堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「ムコ多糖」の解説

ムコ多糖
ムコタトウ
mucopolysaccharide

グリコサミノグリカンともいう.動物粘質分泌物(mucus)の成分で,アミノ糖を含む多糖をさす.今日では,ヘキソサミンとウロン酸の二糖の繰り返し単位よりなる長鎖多糖の総称として用いられている.中性キチン,酸性のヒアルロン酸ヘパリンヘパラン硫酸コンドロイチンコンドロイチン硫酸デルマタン硫酸ケラタン硫酸などがあり,ヒアルロン酸以外は生体内ではタンパク質と結合して,プロテオグリカンを形成している.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「ムコ多糖」の解説

ムコ多糖

 ムコ多糖類,グリコサミノグリカンともいう.ヒアルロン酸,コンドロイチン硫酸など,アミノ糖をもつ多糖とされたが,近年はヘキソサミンとウロン酸からできた二糖の繰返し構造からなる多糖の総称として使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ムコ多糖」の解説

ムコたとう【ムコ多糖 mucopolysaccharide】

アミノ糖を有する多糖の総称。ウロン酸,硫酸といった酸性基をもつものが多く,これらは酸性ムコ多糖とも呼ばれる。代表的なムコ多糖はヒアルロン酸hyaluronic acid,コンドロイチン硫酸,そしてケラタン硫酸keratan sulfateであり,これらは細胞間の基質の重要成分となっている。またいま一つの代表例であるヘパリンには抗血液凝固作用がある。ムコ多糖の大きな特徴は極度に親水性に富み,分子が大きく伸び広がっていることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムコ多糖の言及

【多糖】より

…乳酸部分のカルボキシル基にペプチドが結合し,これらはさらに架橋を形成して,糖鎖とあいまって強固な網目構造が形成される。 高等動物の細胞間基質にはヒアルロン酸,コンドロイチン硫酸などのムコ多糖が存在する。高等植物の細胞間物質としては,ガラクツロン酸とそのメチルエステルからなるペクチンが知られている。…

※「ムコ多糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android