ムサシアブミ(読み)むさしあぶみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムサシアブミ」の解説

ムサシアブミ
むさしあぶみ / 武蔵鐙
[学] Arisaema ringens (Thunb.) Schott

サトイモ科(APG分類:サトイモ科)の多年草。球茎があり、しばしば子球をつくる。偽茎は短く、は2枚で同大、葉身は3小葉からなり、小葉は通常先端が糸状に細まる。花期は2~5月。仏炎包(ぶつえんほう)は緑色または紫色を帯びて白い縦筋があり、舷部(げんぶ)は内側に巻き込む。花序の付属体は太い棒状で有柄。海岸近くの林下に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島南部、中国大陸、台湾に分布する。名は、仏炎包の形を、武蔵国(むさしのくに)でつくられていた(あぶみ)に見立てたもの。

[邑田 仁 2022年1月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ムサシアブミ」の解説

ムサシアブミ

サトイモ科の多年草。本州(近畿以西)〜沖縄,東南アジアの林下にはえる。葉は1茎に2枚つき,3枚の小葉からなる。雌雄異株。3〜5月開花。肉穂花序白色,仏炎包はあぶみ形で暗紫色山草としてなどに植えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のムサシアブミの言及

【テンナンショウ】より

…伊豆諸島に分布するシマテンナンショウA.negishii Makinoもウラシマソウに類縁的には近いもので,球茎は蒸し煮して突き砕きだんごにして食べる。 ほかに日本にはムサシアブミA.ringens (Thunb.) Schott(イラスト),ミツバテンナンショウA.ternatipartitum Makino(イラスト)など3小葉からなる原始的な群と考えられるものや,冷温帯のブナ林を主たる生活領域とする5小葉の通常2枚葉をつけるユモトマムシグサA.nikoense Nakai群,日本海側多雪地帯から大陸部にかけて分布する1枚葉のヒロハテンナンショウA.robustum (Engl.) Nakai(イラスト)をはじめ,葉が1枚になった特殊なツクシマムシグサA.maximowiczii (Engl.) Nakai,オモゴウテンナンショウA.iyoanum Makino,セッピコテンナンショウA.seppikoense Kitamuraなど地方的な固有種など,多くの種が分化している。テンナンショウ属は東アフリカ,東アジアからマレーシア,それに北アメリカ東岸域に150種以上が知られており,ヒマラヤ東部から中国南部にかけての山地域で最も多様な分化をしている。…

※「ムサシアブミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android