コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムチャーリ Mtshali, Oswald Mbuyiseni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムチャーリ
Mtshali, Oswald Mbuyiseni

[生]1940.1.17. 南アフリカ連邦,フライヘイト
南アフリカ共和国の詩人。人種差別のため地元の大学に進学できず,働きながら詩を文芸誌に寄稿する。第1詩集『牛皮のドラムの響き』Sounds of a Cowhide Drum(1971)は,アパルトヘイト下の黒人の経験を鮮烈に形象したもので,非白人詩の新しい時代の到来を告げる革新的なものとされ,黒人意識運動にも深い影響を与えた。その後アメリカ合衆国のコロンビア大学に学び,修士号を取得。1979年帰国し,1987年に再び渡米した。ほかに一時期発禁処分を受けた第2詩集『火炎』Fireflames(1980)がある。(→アフリカ文学南アフリカ文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムチャーリ
むちゃーり
Oswald Mbuyiseni Mtshali
(1940― )

南アフリカ共和国、ズールー・ランド出身の詩人。1955年にヨハネスバーグに出て、大学入学許可証を取得したが、アパルトヘイト法のため希望のウィツウォータズランド(ウィトワーテルスランド)大学から入学を拒否され、人種差別の理不尽さを痛感した。母の死もあって進学をあきらめ、メッセンジャーボーイなどの仕事をしながら詩を書き、文芸誌『クラシック』や『パプル・レノスター』などに寄稿し、その後『ランド・デイリー・メイル』紙のコラムニストになった。1975年にアメリカに渡り、アイオワ大学とコロンビア大学に留学。79年に帰国後は、黒人ロケーション(居住区)のソウェトに住み、日刊紙『スター』の芸術批評欄を担当し、のちアメリカ資本のペイス商業カレッジ副校長を務めた。1987年にアメリカ資本が南アフリカから撤退したため、このカレッジが白人政府直轄校になることになったが、ムチャーリはこれに反対し、生徒と抗議運動を起こした。運動の渦中に負傷、退職した。のちニューヨークに定住し、1998年にコロンビア大学から教育学の博士号を取得した。何度も国際詩祭に招かれて自作詩を朗読し、とりわけ1970年代に黒人意識運動の聖典ともなった代表的詩集『牛皮のドラムのひびき』(1971)で現代南アフリカ最大の詩人の一人に数えられている。白人の手でつくられ管理される黒人世界の非人間性を、時間、空間のあらゆる断面からとらえ、自ら体験した人種差別の苦悩と屈辱を、独特のアイロニーに包んで表現するのがその詩の特徴である。ほかに、ソウェトの蜂起(ほうき)で勇敢に抵抗し散っていったいたいけな子供たちに捧(ささ)げる慟哭(どうこく)と憤怒(ふんぬ)の詩集『火炎』(1980)とソウェトの学童の日記を編集した『僕たちにもチャンスをおくれ!』(1988)などがある。[土屋 哲]
『土屋哲訳『僕たちにもチャンスをおくれ!』(1991・潮出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムチャーリの関連キーワードムチャリ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android