コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムベ(郁子) ムベStauntonia hexaphylla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムベ(郁子)
ムベ
Stauntonia hexaphylla

アケビ科の常緑のつる植物で,トキワアケビまたはウベともいう。本州中南部から台湾の暖地の山地に生え,庭木としても植えられる。葉は5~7枚の楕円形の小葉から成る掌状複葉で,長い柄があって互生する。小葉も柄をもち全縁で,平滑な革質で3本の主脈が目立つ。若い葉は3枚の小葉から成ることが多い。雌雄同株で,初夏,葉腋から雄花雌花の花序を別々につける。花は花弁を欠き,紅紫色を帯びた萼片が6枚ある。雄花は雌花より小型で数も多く,退化しためしべがある。雌花には3個の子房不稔おしべがある。果実は卵円形で紫色の液果でアケビに似ているが熟しても裂開しない。果肉は甘い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムベ(郁子)の関連キーワードアケビ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android