コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムベ

百科事典マイペディアの解説

ムベ

トキワアケビとも。アケビ科の常緑つる植物。本州(関東以西)〜沖縄,東アジアの山地にはえる。茎は木質で,葉は柄が長く,革質長楕円形の小葉5〜7枚からなる。雌雄同株。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムベ【Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decne.】

大きな果実をつけるアケビ科のつる性木本(イラスト)。常緑なのでトキワアケビの名もある。葉は互生し,3~7枚の小葉からなる掌状複葉。小葉は楕円形~倒卵形。春,総状花序に白い花をつける。花は単性,雌雄同株。萼片6枚,花弁はなく,雄花では6本のおしべが花糸のところでくっついている。その内側に退化しためしべが3本ある。雌花では3本のめしべの外側に退化したおしべがある。めしべには多数の胚珠が入っている。果実は紅紫色に熟すがアケビのようには開かない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムベ
むべ / 野木瓜
[学]Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decne.

アケビ科の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。トキワアケビ、ウベともいう。葉は互生し、3~7小葉からなる掌状複葉。托葉(たくよう)はない。雌雄同株。4~5月、総状花序をつくり、単性の白色花を3~7個開く。萼片(がくへん)は6枚で半開する。花弁はなく、雄花は6本の雄しべが花糸の部分で合着する。雌花は6本の仮雄蕊(かゆうずい)と3枚の心皮がある。果実は大きく、紅紫色に熟すが、裂開しない。中に黒くつやのある種子が多数ある。山野に普通に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島、台湾に分布する。果肉は甘く食用となり、根、茎は利尿薬とする。樹は生け垣、盆栽に用いることがある。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムベの関連キーワード情報科学芸術大学院大学エゼムベイモスクBAY WAVE焼きたてパン工房ストライクゾーンムラムビトイドホームプレートアフリカ諸言語飛島(山形県)フィルムベースキペンゲレ山脈ベルトドライブアケビコノハハレーションテン(貂)ガム基礎剤ゴムベルトパンくらぶGOPANCongo

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムベの関連情報