コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキシジミ ムラサキシジミ Narathura japonica

4件 の用語解説(ムラサキシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
Narathura japonica

鱗翅目シジミチョウ科。雌雄とも黒色の広い帯で縁どられた濃い紫藍色の美しいシジミチョウ。前翅の開張幅約 34mm。前翅先端は角張る。裏面は地味な灰褐色にやや濃い斑紋が並ぶ。常緑樹林にすみ,活発に飛ぶが,わずかに飛んですぐに止ることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムラサキシジミ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科の1種。本州(関東以西)〜沖縄,台湾に分布。開張35mm内外,美しい紫色で外縁は黒い。裏面は枯草に似る。幼虫はカシ類の葉を食べ,成虫は6月より数回発生,成虫で越冬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキシジミ【Narathura japonica】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。表面は紫色に輝き,黒褐色の縁取りがある。裏面はじみな暗褐色である。開張3.2~3.7cm。台湾,朝鮮半島および日本に分布する。日本では本州の宮城県以南,四国,九州を経て南西諸島に達する。主として照葉樹林にすみ,幼虫はブナ科の常緑樹アラカシアカガシなどの新芽を食べるが,コナラクヌギなどの落葉樹を食べることもある。南西諸島ではオキナワウラジロガシが食樹となる。本州から九州の暖地では年3~4回,南西諸島では年5~6回発生し,成虫のまま照葉樹の葉表にとまって越冬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキシジミ
むらさきしじみ / 紫小灰蝶
[学]Narathura japonica

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。本州(関東地方以西の暖地)、四国、九州より琉球(りゅうきゅう)諸島にかけての照葉樹林に分布する普通種。国外では朝鮮半島南部、台湾にも産するが、対岸の中国大陸からは知られていない。はねの開張35ミリ内外。はねの表面は外縁の黒い縁どりを除き、雌雄とも濃紫色に輝く。裏面は灰褐色で不鮮明な斑紋(はんもん)がある。越年した母チョウから生まれた卵が成虫になるのは九州の平地で5月下旬~6月上旬ごろから、以後は連続的に発生して秋まで数回の世代を繰り返し、秋に発生したものはそのまま成虫で越冬する。幼虫の食草は常緑性のカシ類(アラカシ、アカガシ、その他)。カシ類の新芽のない場所や季節には、落葉性のブナ科植物(コナラ、クヌギ、ミズナラ、カシワなど)につくこともある。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキシジミの関連キーワードヒメシジミミドリシジミヤマトシジミカラフトルリシジミゴイシツバメシジミ紅小灰蝶碁石小灰蝶小灰蝶クロシジミシジミチョウ(蜆蝶∥小灰蝶)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムラサキシジミの関連情報