メガラ(都市国家)(読み)めがら(英語表記)Megara

  • 都市国家

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ギリシアのドーリス人のポリス(都市国家)。アテネとコリントの間にあった。紀元前10世紀なかばごろ、イオニア人にかわってドーリス人が支配者となり、前8世紀にポリスを形成したと思われる。前730~前550年にシチリア島や黒海方面にメガラ・ヒブライア、ビザンティオン(現イスタンブール)などの植民市を建設した。前7世紀後半にテアゲネスが僭主(せんしゅ)となり、前6世紀前半に激しい党争が続き、サラミス島をアテネに奪われ、同世紀末にペロポネソス同盟に加わった。ペロポネソス戦争ではスパルタ側につき、前4世紀に繁栄を回復したが、ヘレニズム時代以後ふたたびそれを失った。

 今日のメガラは人口1万7719(1981)。ブドウとオリーブ栽培の盛んなメガリス平野の中心都市である。

[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android