メガロポリス(英語表記)Megalopolis

翻訳|megalopolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガロポリス
Megalopolis

古代ギリシアのアルカディア地方の一都市ギリシア語で「大きな都市」を意味する。前 370~362年にテーベのエパメイノンダスによってスパルタに対抗するアルカディア同盟の中心として建設され,アルカディア人の多くがここに移住した。スパルタの圧迫に耐えかねて救いをアテネに求めたが得られず,結局マケドニアに頼ることとなり,前4世紀には終始マケドニア側に立ったが,アレクサンドロス3世 (大王) の死後自立。前 235年に僭主リュディアダスが退位したあとアカイア連盟に加入し,フィロポイメンが連盟の将軍となって同盟内の指導的役割をにないスパルタと敵対したが,その後はふるわなかった。歴史家ポリュビオスはこの町の出身。これまでに会議場 (テルシリオン) ,劇場などが発掘されている。

メガロポリス
megalopolis

都市の一形態でいくつかの大都市,中都市が帯のように連続した地域。ギリシア語で「大きな都市」を意味する。巨帯都市と訳される。初め J.ゴットマンがアメリカ合衆国北東部ボストンからワシントンにいたる地域に命名した固有名詞であった。いまでは一般名詞としても使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メガロポリス(megalopolis)

いくつかの大都市が帯状に連なり、機能的に一つの巨大都市を形成している地域。米国のボストンニューヨークワシントンにわたる都市群に対して用いられた語。日本では、東京名古屋大阪の地域を東海道メガロポリスと呼ぶ。巨帯都市。
(Megalopolis)前366年ごろ、古代ギリシャ、アルカディア地方南部にテーベのエパミノンダスが建設した都市。ポリビオスなどの学者・政治家を輩出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メガロポリス

巨帯都市。フランスの地理学者ジャン・ゴットマンの提唱した概念で,大都市圏が連続し,相互に独立しつつ社会,文化,産業などの交流で高度な都市システムを形成する地域をいう。ボストン,ニューヨーク,フィラデルフィア,ワシントンの米国北東地区臨海部,フランクフルト,ボン,エッセンに至るドイツの地域等が該当。日本では東京〜神戸間,あるいは大阪〜神戸間がこれに相当するとされる。名称は前4世紀にペロポネソス半島中部に建設された古代ギリシアの都市に由来。〈大きな都市〉を意味し,前223年スパルタに滅ぼされた。
→関連項目都市圏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メガロポリス【Megalopolis】

(1)ギリシアのペロポネソス半島中央部にある古代都市遺跡。現在のメガロポリスMegalópolisの北方約1.8kmにある。スパルタに対抗するため,テーバイの将軍エパメイノンダスとアルカディアの住民が協力して,前368‐前367年に〈アルカディア同盟〉の首都として建設し,40の都市や町が植民に参加した。メガロポリスはテーバイやマケドニアと同盟関係にあり,後には〈アカイア同盟〉に加わった。たびたびスパルタの攻撃を受け,前223年にはクレオメネス3世により破壊された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メガロポリス【megalopolis】

〔メガポリスとも〕
紀元前370年頃に勃興した、古代ギリシャの都市。
大都市圏が連接して人口が集中し、経済・社会・文化・情報などの機能が相互に一体化した巨大な都市圏。巨大都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

メガロポリス

[1] (Megalopolis) ギリシア南部、アルカディア地方の古代都市。紀元前三七〇~前三六二年、テーベの将軍エパミノンダスが建設した。ポリビオスなどの学者、政治家を輩出。
[2] 〘名〙 (megalopolis) いくつかの巨大都市が帯状に連なって形成される都市群。〔国土と開発(1966)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のメガロポリスの言及

【交通】より

…その結果,中間の名古屋を含めてこの地域はちょうど一つの大都市圏のような姿に変わっていった。フランスの地理学者ゴットマンはアメリカのボストン~ニューヨーク~ワシントン間約1000kmの都市群をメガロポリス(巨帯都市)と名付けたが,それにならって,東海道沿線も東海道メガロポリスと呼ばれている。このように交通は地域の成長発展にとって,一つの重要な機能を分担している。…

【都市】より

…古い大都市周辺部の衛星都市がそれぞれ膨張して,市街地が連接するようになったことである。第3には,巨大都市といくつかの大都市がその都市圏を連接し,一つの共通都市圏を形成するにいたったメガロポリス(巨帯都市)の誕生である。アメリカ合衆国北東部のボストンからニューヨークを経てフィラデルフィアに至る地帯に名づけられた名称であるが,ライン・ルール,ロンドン・バーミンガム,シカゴ・シンシナティ,ロサンゼルス,東京・大阪などもメガロポリスの性格をもっているといわれるようになった。…

※「メガロポリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android