コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクラアブ メクラアブ Chrysops suavis

3件 の用語解説(メクラアブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクラアブ
メクラアブ
Chrysops suavis

双翅目アブ科。体長 10~11mm。体は光沢のある黒色で,胸背に1対の灰黄色縦条があり,腹部第1,2節の両側と正中線は黄色である。単眼が発達し,複眼は緑色に輝く。翅は透明で前縁と中央部の斑紋は黒褐色

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メクラアブ

双翅(そうし)目アブ科の昆虫。日本全土,朝鮮,樺太,シベリアなどに分布。体長10mm内外,黒色,前胸に灰色の縦条があり,腹部の基半部は黄色。初夏に発生し,人畜にしつこくつきまとって吸血する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メクラアブ
めくらあぶ / 盲虻

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目アブ科の昆虫の一種。キンメアブの旧名。吸血飛来の際、体にまつわりつき、周りが見えていないかのごとく突進してくるようすからこの名称でよばれてきたが、1981年の国際障害者年の際、不適当な名ということでハネモンアブへの改称が提起された。現在はキンメアブが昆虫学関連学会で認められているが、ハネモンアブの和名も残っている。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメクラアブの言及

【アブ(虻)】より

…牛馬を好んで襲うものに,灰黒色から灰褐色のウシアブ(イラスト),黄灰色から黒色で体長2~3cmのアカウシアブなどがある。人を刺し吸血するものには,翅に黒色斑のあるメクラアブ(イラスト),灰色で中型のシロフアブ,ゴマフアブなどがある。アブに刺されると激しい痛みをおぼえ,発赤ばれなどが見られ,しばらくしてから激しいかゆみが起こる。…

※「メクラアブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メクラアブの関連キーワードコウカアブ牛虻花虻水虻虫引虻盲虻シギアブ(鴫虻)ホソヒラタアブミズアブ(水虻)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone