コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクラアブ Chrysops suavis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクラアブ
Chrysops suavis

双翅目アブ科。体長 10~11mm。体は光沢のある黒色で,胸背に1対の灰黄色縦条があり,腹部第1,2節の両側と正中線は黄色である。単眼が発達し,複眼は緑色に輝く。翅は透明で前縁と中央部の斑紋は黒褐色。成虫は春から夏にかけて出現し,人畜から吸血する。北海道,本州,四国,九州に産し,朝鮮,中国,ウスリー,シベリア分布する。 (→アブ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メクラアブ

双翅(そうし)目アブ科の昆虫。日本全土,朝鮮,樺太,シベリアなどに分布。体長10mm内外,黒色,前胸に灰色の縦条があり,腹部の基半部は黄色。初夏に発生し,人畜にしつこくつきまとって吸血する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メクラアブ
めくらあぶ / 盲虻

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目アブ科の昆虫の一種。キンメアブの旧名。吸血飛来の際、体にまつわりつき、周りが見えていないかのごとく突進してくるようすからこの名称でよばれてきたが、1981年の国際障害者年の際、不適当な名ということでハネモンアブへの改称が提起された。現在はキンメアブが昆虫学関連学会で認められているが、ハネモンアブの和名も残っている。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメクラアブの言及

【アブ(虻)】より

…牛馬を好んで襲うものに,灰黒色から灰褐色のウシアブ(イラスト),黄灰色から黒色で体長2~3cmのアカウシアブなどがある。人を刺し吸血するものには,翅に黒色斑のあるメクラアブ(イラスト),灰色で中型のシロフアブ,ゴマフアブなどがある。アブに刺されると激しい痛みをおぼえ,発赤ばれなどが見られ,しばらくしてから激しいかゆみが起こる。…

※「メクラアブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メクラアブの関連キーワード虻・蝱

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android