メサビ山地(読み)メサビさんち(英語表記)Mesabi Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メサビ山地
メサビさんち
Mesabi Range

アメリカ合衆国,ミネソタ州北東部の山地。東はバビットから南西のグランドラピッズまで 180kmに及び,東のバーミリオン山地を含むミネソタ州の大鉄鉱山地である。山地全体の標高は 60~150mで,最高点でも 610mにすぎない。鉄鉱床は北東から南西にかけて長さ約 20km,幅 5km,地表下 60~300mにある。地質は先カンブリア時代のチャート(ケイ岩),砂岩,礫岩,粘板岩,花崗岩などからなり,これらの中に 3層の緩傾斜の鉄鉱層がある。赤鉄鉱を主体とし,磁鉄鉱褐鉄鉱を伴う。かつては良質の赤鉄鉱が採掘され,最盛期には年産 6000万t以上あったが,1950年代に掘りつくされ,今日では品位 50~60%Feの磁性の強いタコナイト鉱(含鉄チャート)が採掘されている。鉱山の中心町はヒビングバージニアである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メサビ山地【メサビさんち】

米国のミネソタ州,スペリオル湖西岸を東北東から西南西に走る細長い丘陵性山地。延長約180km。米国最大の鉄鉱産地。鉱山は100を越え,かつては鉄含有量55%の赤鉄鉱が大規模な露天掘で採掘されてきたが,資源が漸減し,鉄品位25〜30%のタコナイトが採掘されている。湖岸のダルースが鉱石の積出港。1887年メリット兄弟が鉄鉱を発見。
→関連項目ミネソタ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メサビさんち【メサビ山地 Mesabi Range】

アメリカ合衆国ミネソタ州北東部の丘陵。スペリオル湖西岸,東西方向に約180kmにわたって延び,合衆国第1の鉄鉱石産地として知られる。1892年以来,厚さ150mにおよぶ水平層の鉱脈の大規模な露天掘りが進められ,五大湖水運により移出される。高品位の赤鉄鉱は枯渇したが,現在では低品位のタコナイトの開発が進んでいる。中心都市はヒビングとバージニア。【矢ヶ崎 典隆】
[鉱床]
 先カンブリア時代の岩石中にある縞状鉄鉱層の一つで,スペリオル湖型鉄鉱床と呼ばれるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android