コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メセナ めせな

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メセナ

企業が直接本業とは関係ない演劇公演や美術展、音楽会などを主催すること。古代ローマ皇帝アウグストゥスに仕えたマエケナス(Maecenas)が、詩人や芸術家を手厚く擁護したことに由来する。国内では、社団法人企業メセナ協議会設立時に「スポンサー」ではなく「メセナ」を採用したことから知られるようになった。収益の一部を文化活動の支援などに還元することによって、企業の長期的なイメージアップやブランドイメージの向上に役立つ。バブル景気の頃、潤沢な予算をメセナ活動に充てた企業が相次いだが、バブルの崩壊とともに手控える企業が増加した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メセナ

フランス語で「文化・芸術の擁護」を意味する。1990年に企業メセナ協議会が設立され、旧経団連(現在の日本経団連)も企業の経常利益の1%を社会貢献活動に寄付する組織「1%クラブ」を設立。企業に広まり、海外の音楽家を招いたオペラや大型の展覧会などが相次いだ。最近は企業ブランドを育てる地道な活動が増え、担当部署を設ける動きも目立っている。

(2010-03-10 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メセナ(〈フランス〉mécénat)

文化・芸術活動に対する企業の支援。企業名や商品名を冠する音楽会・演劇公演・美術展などを催して直接に援助する場合と、財団法人社団法人を設立して援助する場合とがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

メセナ

フランス語で〈芸術・文化を保護・支援すること〉の意味。企業が行う文化支援活動をさす。語源はローマ帝政初期の貴族で文芸活動の保護に力を入れたマエケナスMaecenasに由来。
→関連項目冠大会企業市民ボランティア休業制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

メセナ

文化活動あるいは文化支援活動のこと。ローマ帝国時代、文化や芸術を擁護した大臣の名前が語源。欧米では早くから企業によるメセナ活動が行われていたが、日本では1988年の日仏サミットを機に広がり、1990年に企業メセナ協議会が設立されている。具体的な活動としては、各種イベントを主催したり、財団を設立して文化や学術への助成を行うなど。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

メセナ【mécénat】

〔文芸を庇護した古代ローマの政治家マエケナス(Maecenas)の名にちなむ〕
企業が行う文化・芸術活動に対する資金支援。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メセナ
めせな
mcnatフランス語

芸術、文化への支援活動のことで、とくに企業によるものを意味する。古代ローマの政治家で芸術、文化の擁護者であったガイウス・マエケナスのフランス語読みメセーヌに由来する。英米では、芸術スポンサー(sponsorship of the art)という。主要な方法は二つである。第一は、冠(かんむり)コンサート、冠イベント、冠講座などとよばれる方法で、必要資金を直接負担する。第二は、基金、財団のような支援組織を通じて行う間接的方法である。メセナは企業による社会貢献の一部であり、欧米では以前から活発に行われていたが、日本では1980年代後半から急速に盛んになった。ただ、税制上の優遇措置が十分でない日本の場合、支援が企業の業績によって左右されるなどの問題がある。こうした税制問題への対処、さらには企業によるメセナの奨励とよりいっそうの発展を図ることを目的に、1990年(平成2)3月に社団法人企業メセナ協議会が発足した(1994年文化庁から特定公益増進法人に認定)。同協議会は、メセナ活動の実態調査、「メセナアワード」による企業や財団の表彰などを行っている。アメリカ、イギリス、フランスなどにも同様の組織がある。[森本三男]
『菅家正瑞監修・編、佐藤正治編『企業メセナの理論と実践――なぜ企業はアートを支援するのか』(2010・水曜社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メセナの関連キーワードアーティスト・イン・レジデンスコーポレート・シチズンシップ三菱地所アルティアムアート・マネジメントコーポレート・アートサントリーホールフィランソロピーフィランスロピー森村市左衛門塚本 幸一福地茂雄福原義春福士史麻ベネッセハーケCSR

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メセナの関連情報