コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダケ(女竹) メダケ Arundinaria simonii

2件 の用語解説(メダケ(女竹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メダケ(女竹)
メダケ
Arundinaria simonii

イネ科のメダケ属の1種。関東南部以西,四国,九州に分布し,山野,河岸や海辺などに生える常緑のタケ。別名が多くカワタケ,ナヨタケ,ニガタケなどと呼ばれる地下茎で繁茂し,藪となって群生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メダケ【メダケ(女竹) Pleioblastus simonii (Carr.) Nakai】

イネ科の大型のササ。タケの名をもつが竹の皮が長いあいだ,稈(かん)につくところから,植物学上はササに分類される。とりわけ若竹の竹の皮は白くて美しい。川端によく育つので,川竹(かわたけ)ともいう。大きいものは稈の直径3cm,高さ8mにもなる。節ごとの枝の数は3~7本。花穂は茎の節に密につき,おしべは3本。材は笛の重要な素材で,壁の下地にも用いる。産地は日本では中部以南の各地。中国では名笛竹とよばれ,笛の貴重な素材とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のメダケ(女竹)の言及

【ササ(笹)】より

…稈(かん)は低く多くは2m以下,節から出る枝も少数で,それに比較的大型の葉をつける。植物学的にはササ属Sasaのほかに,カンチクChimonobambusaメダケPleioblastusヤダケPseudosasa,スズダケ属Sasamorpha,アズマザサ属Arundinariaなどの数属を含み,常緑であるが,種によっては葉の周辺部が冬には白色となって隈の入るものや,大部分の葉を落とすものもある。 ササは熱帯にはほとんど見られず,東アジアの暖帯以北,むしろ温帯や亜寒帯に多く分布している。…

※「メダケ(女竹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メダケ(女竹)の関連キーワード川竹の篠竹の竹の台竹の里歌竹の葉竹の丸竹の園生萎ゆ竹のたけのこ竹ノ内

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone