コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダケ(女竹) メダケArundinaria simonii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メダケ(女竹)
メダケ
Arundinaria simonii

イネ科のメダケ属の1種。関東南部以西,四国,九州に分布し,山野,河岸や海辺などに生える常緑のタケ。別名が多くカワタケ,ナヨタケ,ニガタケなどと呼ばれる。地下茎で繁茂し,藪となって群生する。は高さ 6mほどになり,中空の円筒形で,上部は密に分枝し,節は低く節間は長い。葉は掌状に枝先から斜めにつく。ときおり開花をみるが,のちに枯死する。稈は軟らかで粘性が強いので,ざる,うちわの骨,笛,建築用材に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メダケ【メダケ(女竹) Pleioblastus simonii (Carr.) Nakai】

イネ科の大型のササ。タケの名をもつが竹の皮が長いあいだ,稈(かん)につくところから,植物学上はササに分類される。とりわけ若竹の竹の皮は白くて美しい。川端によく育つので,川竹(かわたけ)ともいう。大きいものは稈の直径3cm,高さ8mにもなる。節ごとの枝の数は3~7本。花穂は茎の節に密につき,おしべは3本。材は笛の重要な素材で,壁の下地にも用いる。産地は日本では中部以南の各地。中国では名笛竹とよばれ,笛の貴重な素材とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメダケ(女竹)の言及

【ササ(笹)】より

…稈(かん)は低く多くは2m以下,節から出る枝も少数で,それに比較的大型の葉をつける。植物学的にはササ属Sasaのほかに,カンチクChimonobambusaメダケPleioblastusヤダケPseudosasa,スズダケ属Sasamorpha,アズマザサ属Arundinariaなどの数属を含み,常緑であるが,種によっては葉の周辺部が冬には白色となって隈の入るものや,大部分の葉を落とすものもある。 ササは熱帯にはほとんど見られず,東アジアの暖帯以北,むしろ温帯や亜寒帯に多く分布している。…

※「メダケ(女竹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メダケ(女竹)の関連キーワードナリヒラダケタケ(竹)イネ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android