メドック(英語表記)Médoc

翻訳|Medoc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メドック
Médoc

フランス南西部,ジロンド県の北西部を占める地名。ボルドーの北,ジロンド川河口左岸にあたり,ボルドー・ワインの一大生産地帯。この地方に分布する礫質の砂層はグラーブと呼ばれ,ブドウ栽培に適するところから,多くのブドウ園が広がる。南部の上メドック地域でシャトー・ラフィット,シャトー・マルゴ,シャトー・ラトゥールなどの高級銘柄のワインを生産するのに対して,河口付近の下メドック地域では一般ワインを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メドック(Médoc)

フランス南西部、ジロンド川西岸の地方。赤ぶどう酒の産地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

メドック【Médoc】

南西フランス,ジロンド湾(川)と大西洋に挟まれた三角形の半島状の地域région。近年,ジロンド湾岸は,ル・ベルドンのコンテナー埠頭や石油貯蔵基地,ポーイヤックの石油コンビナートなど,港湾・工業地帯として整備,開発されている。また,グラーブ岬とスーラックを中心とした半島先端部や,大西洋岸の海岸砂丘とその内側に広がるウタン,ラカノーの二つの沼の周辺では,海水浴場や水上スポーツ施設が整備され,別荘地やキャンプ場の建設が進んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メドック【Médoc】

フランス南西部、ジロンド川の西岸地方。中心都市ボルドー。赤ワインの産地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メドック
めどっく
Mdoc

フランス南西部、ジロンド県にある地域名。ビスケー湾とジロンド川の間の幅平均10キロメートル、長さ80キロメートルの細長い地帯で、砂礫(されき)質の沖積平野がブドウ栽培に適し、最高の赤ワインを産することで知られる。上メドック、下メドックに分けられ、上メドックが良質のワインを産する。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メドックの関連情報