コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メハジキ(目弾き) メハジキLeonurus sibiricus; mother-wort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メハジキ(目弾き)
メハジキ
Leonurus sibiricus; mother-wort

シソ科の越年草で,ヤクモソウともいう。アジア東部の温帯から亜熱帯に広く分布し,北アメリカにも帰化している。日本では北海道を除く各地の野原や路傍に生える。茎は四角形で直立し高さ 50~100cmあってまばらに分枝し,葉裏とともに白色の短毛を密生する。根出葉は長い柄があって分裂せず卵心形であらい鋸歯があり,花時には枯れる。茎葉は軟質で対生し,下部のものは深く3裂,裂片はさらに羽状に裂ける。上部の葉は次第に小型になり披針形ないし線形になる。夏から秋にかけて,上部の葉腋に淡紅紫色の唇形花を数個ずつつける。萼は筒状で5裂し,裂片の先端はとげ状にとがる。おしべは4本でそのうちの2本が長い。果実は4個の分果から成り宿存性の萼に包まれる。漢方では花時に全草を乾燥したものを益母草 (やくもそう) またはじゅう蔚 (じゅうい) と呼び,婦人科系疾患の薬用にされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android