コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メハジキ

3件 の用語解説(メハジキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メハジキ

ヤクモソウとも。シソ科の二年草。本州〜沖縄,東アジアに広く分布し,山野にはえる。高さ50〜100cm,葉は対生し,深く3裂,下部の葉はさらに羽状に裂ける。夏〜秋,上部の葉腋に長さ1〜1.3cmの淡紫色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メハジキ【Leonurus japonicus Houtt.】

山野の日当りのよい道端に生えるシソ科の越年草(イラスト)。和名は子どもが枝を折って目をはじいて遊んだところからついたらしい。根出葉は卵円形で粗い鈍鋸歯があり,越冬するが,茎が伸びて花が咲くころには枯れてしまう。茎は四角形で直立し,枝分れして高さ1m内外になる。茎につく葉は深く3裂して,裂片は細くなるが,上部の葉は細長い披針形でほとんど分裂しない。8~9月ころ,上部の葉腋(ようえき)に淡紅紫色の花を数個ずつつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メハジキ
めはじき / 目弾
[学]Leonurus japonicus Houtt.

シソ科の越年草。茎は四角形で直立して分枝し、高さ0.5~1.5メートル。冬にある根出葉は卵心形で浅い切れ込みがあり、長い葉柄があるが、茎葉は3裂して、裂片はさらに羽状に分裂する。7~9月、葉腋(ようえき)に紅紫色で長さ6~7ミリメートルの唇形花を開く。萼(がく)は5裂し、裂片は先が針状にとがる。道端に生え、日本、およびアジア中南部に広く分布する。名は、子供たちが茎を短く切ってまぶたにくっつけて遊んだことにちなむ。また、全草を乾かし、打撲症や腹痛、月経不順、産後の出血などに煎(せん)じて用いられたことから、ヤクモソウ(益母草)の名もある。なお、このエキスは益母膏(やくもこう)と称し、市販されたこともある。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メハジキの関連キーワード犬香薷伊吹麝香草瓜草雄日芝金瘡小草塔花山紫蘇糸点突日当り薬師草

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone