コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メハジキ

百科事典マイペディアの解説

メハジキ

ヤクモソウとも。シソ科二年草。本州〜沖縄,東アジアに広く分布し,山野にはえる。高さ50〜100cm,葉は対生し,深く3裂,下部の葉はさらに羽状に裂ける。夏〜秋,上部葉腋に長さ1〜1.3cmの淡紫色の唇形(しんけい)花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メハジキ【Leonurus japonicus Houtt.】

山野の日当りのよい道端に生えるシソ科の越年草(イラスト)。和名は子どもが枝を折って目をはじいて遊んだところからついたらしい。根出葉卵円形で粗い鈍鋸歯があり,越冬するが,が伸びて花が咲くころには枯れてしまう。茎は四角形で直立し,枝分れして高さ1m内外になる。茎につく葉は深く3裂して,裂片は細くなるが,上部の葉は細長い披針形でほとんど分裂しない。8~9月ころ,上部の葉腋(ようえき)に淡紅紫色の花を数個ずつつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メハジキ
めはじき / 目弾
[学]Leonurus japonicus Houtt.

シソ科の越年草。茎は四角形で直立して分枝し、高さ0.5~1.5メートル。冬にある根出葉は卵心形で浅い切れ込みがあり、長い葉柄があるが、茎葉は3裂して、裂片はさらに羽状に分裂する。7~9月、葉腋(ようえき)に紅紫色で長さ6~7ミリメートルの唇形花を開く。萼(がく)は5裂し、裂片は先が針状にとがる。道端に生え、日本、およびアジア中南部に広く分布する。名は、子供たちが茎を短く切ってまぶたにくっつけて遊んだことにちなむ。また、全草を乾かし、打撲症や腹痛、月経不順、産後の出血などに煎(せん)じて用いられたことから、ヤクモソウ(益母草)の名もある。なお、このエキスは益母膏(やくもこう)と称し、市販されたこともある。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メハジキの関連キーワード苦低草益母草目弾草苦艾土針村田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android